水俣を行く

先週末、家族と水俣へ出かけた。
姪が滞在する間に思いで作りをしようと思っていたのだが、なんせ、我が家の
家族は出かける時になっても尻が重いので、本来、行くはずだった阿蘇には
行けない時間になってしまった。

結局、行き先は、以前、仕事で知った「F農園」
水俣に仕事に行った時に耳にしたこともあったし、同僚の熊本県民も
「F農園に行ってきたよ~」と言う人が多いものだから、きっと素敵な農園だろうと
思っていた。話にはスペイン風だと言うし。
「水俣になんでスペインを作る必要があるんだよ!」などと言うことなかれ。
確かにそういいたくなるんですけど、せっかくのスペインだし出かけてみました。

画像

F農園の概観は、地中海のコートダジュールですかな?そんな感じのめちゃくちゃ白い
建物で、松崎しげるが似合いそうな感じがした。
多国籍料理の「セルビア館」というレストランに入ったが、そこからは水俣の海がよく見えて
雰囲気はよかった。
(どうしてスペインなのに「セルビア館」なのかは分かりませんが・・・)
料理も多国籍料理というだけあって、スペインなのにお刺身定食やしょうが焼き定食が
ありました。
因みに、私達はパエリアやピザ、イベリコ豚のソテーを注文しましたが、父は
その「お刺身定食」、妹はカレーと、スペインに来てまでも食べなくてもいいような
物を注文。
どの料理も美味しそうに見えましたが、味は「美味しい」とも「美味しくない」とも
つかぬ味でした・・・。


その、セルビアの2階は、「世界の亀コレクション館」とやらでした。
ボコボコと、まるで演劇の大道具のようなベニヤ板の床のフロアには、
殆どが大した品物ではないであろう亀グッズが並んでいました。
画像


しかも、白亀様が奉られた神社になっています。
セルビアの二階はジャパンでした。もはやスペインではないような・・・
画像


この亀はミシシッピ川産のようなことが書いてあったような気がします・・・


その他、園内には果樹園などもあるのですが、シーズンオフのせいかお客さんも
少なく、果物もまだ実っていませんでした。
なんとなく寂しい感じがしましたが、
園内の隅に、どうも和式便所のような形の石のオブジェがあるのを見ると、
本当にシーズンでも人でにぎわうのか怪しい気分になりました。


お土産は、とても(本当に!)美味しいジュースを買って帰りました。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

過去ログ

QRコード