『ゲゲゲの女房』終わる・・・。

大げさな話、明日から何を楽しみにしよう・・・
毎日楽しみにしていた『ゲゲゲの女房』が終わってしまった・・・。


小学生の頃、水木しげるの妖怪辞典を見てから、すっかりその世界に魅せられてファンになりました。
漫画も好きですが妖怪の解説本の方が大好きです。
そのゲゲゲのドラマを楽しみに半年。

いつもはNHKの朝ドラは見てないんです。
でも、今回は随分昔にあった『あぐり』以来にハマった朝ドラ。
朝ドラだけどBSで夜に再放送を見て、土曜にも一週間分まとめてみていました。

例年のヒロインは田舎から都会に出てガツガツと頑張っていく冒険心の塊みたいな
女の子がほとんど登場して、「そんな事はないやろう~」って言うくらい、壮大な夢を叶えたり、
ドタバタと賑やかに展開するのが多くて、ちょっと飽き飽きしていました。
今回のゲゲゲの女房はしっくり見られました。
時代は今とは違うけれど、壮大な夢があるわけでもなく、当り前の事をして、
辛い事があっても日常をちゃんと生きている。
偉大な業績も、驚くほどのど根性サクセスストーリーじゃなくても、特技がなくったって、
ちゃんと生きてる。幸せがある。ってことを感じました。

人生に勝ったの負けたの、壮大な夢を持ってるの持っていないの、そんなのなくったって日々は楽しめる。
(夢が叶うにこしたことはないけど、何かを感じる心があれば幸せを重ねられるかも)


画像


フウセントウワタの花言葉は「楽しい生活」。
日々の生活をきちんと生きるのが幸せに気付く一歩かも・・・。

今の時代、幸せに気がつくなんてこと難しいかもしれないけれど、
とりあえず、「ありがとう」って思うようにしたら、小さなことでも幸せを感じられそう。


『ゲゲゲの女房』ありがとう~・・・。
(でも、終わってしまって、ちょっと私の心に穴があいてしまいそう)


画像


隣の猫くん・・・
ここ数日、顔を怪我して痛々しかった・・・
まあまあ見られる顔に戻ってよかったよかった・・・。

こうやって尻尾を立てて近づいてくると嬉しい。


画像


にゃぁぁぁぁ~
親戚の猫の家に遊びに行って、お尻の匂いを嗅いだら噛まれたんだよ~。
(飼い主さんによれば、そんな訳で怪我をしたようです)











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • あっこちゃん

    『ゲゲゲの女房』終わりましたね。

    私、以前は必ず見ていたのですが最近、朝ドラから遠ざかっていました。
    今回は境港が舞台(初期は)ドラマの中に懐かしい方言を聞きたいばかりに見るようになりました。夫が境港の隣の町の出身ですから・・・
    ちょっと違うナァ・・・なんていいながら・・・〈笑)
    しっとりとした夫婦愛、家族愛など心が救われるドラマでしたね。

    それにしても『竹下景子』や『古手川祐子』が老け役をやるような時代になったのですね。・・・と年月の経過を実感したドラマでもありました。

    面白く見続けたドラマが終わったらふっと心に穴が空いたような気になりますね。
    2010年09月25日 21:30
  • HT

    こんばんは。
    昔は朝ドラ見ていましたが、最近は全く見ていません。ご紹介のドラマも全然わかりません。でも、来年4月からの朝ドラは私の街がテーマのようです。もう先日からロケが始っています。キット見るのでしょうね。
    ニャンコさん怪我をされてしまったのですか。早く良くなると良いですよね。
    2010年09月26日 01:16
  • オリーブ

    同感!
    朝からどたばたと騒々しい朝ドラなんて観たくないです。
    「ゲゲゲ」は良かったですね。
    私、貧乏・根性も好きではありませんがゲゲゲの貧乏は明るかったし幸せだった、悲壮感がなくて安心して観られました。
    それにしても朝ドラのヒロイン(ゲゲゲを除く)はどうしてみなあんなに自分勝手なのでしょう。周りを巻き込んでおきながらいつも多くの人を味方につけて。
    次回は私のふるさとに近い尾道が舞台というので楽しみにしていたのですが予告編を観てからは・・・
    いきなり海の飛び込んだり大声で叫んだり・・・
    HTさんの街が舞台のドラマを楽しみにしています。
    2010年09月26日 10:34
  • mu.choro狸

    まったく同じ気持ちなんです。
    今度の朝ドラの主人公の子も可愛くていいんだけど、結局島を出て大阪のあのドタバタの中で成長していく・・・なんか、大阪でやるのはみんな同じじゃん!って感想です。きっと見ないだろうなぁ。
    あの篤姫の時もBSハイビジョンで見てNHKで見て、また土曜の再放送も見てたような。
    この「ゲゲゲ・・・」もいつも2回見てました。その度に涙して感情移入させてました。
    明日からつまんないなぁ・・・
    2010年09月26日 14:38
  • ken/南関

    「ゲゲゲの女房」終わりが中途半端で(寂);
    と言うのも朝早く栗拾いで、昼は見損なうし…
    ゲゲは行ったことがある場所なので特に興味深く
    作品も大好きなんで~
    調布の深大寺・島根の安木・境港
    きたろうロードで写真撮影中にフラッシュが点灯しなくなり
    ”祟りだ~”なんて言う思い出が・・・
    「アグリ」もそうでしたね~親近感が沸くドラマって
    ハマっちゃいますわ
    明日からの「テッパン」?でしたっけ?
    面白いかな~???ドタバタは遠慮したいけど…
    2010年09月26日 18:54
  • 末摘花

    あっこちゃん
    私は有森也実さんが古手川裕子さんと姉妹役なのにショックでした(笑)。有森さんも老け役するようになったんだと・・・。
    明日からの「てっぱん」は面白いのかなぁ?また地方から東京か大阪に出て行くパターンじゃないかなぁ・・・。

    方言がドラマで出ると違和感がありますよね。大河ドラマ「篤姫」では殆どの人が薩摩弁を喋っていなかったので違和感がありませんでしたけど、「龍馬伝」では何かが違う鹿児島弁が飛び交っているような…。宮崎でも鹿児島弁を話すエリアに住んでいる私には違和感が少しあります。
    2010年09月26日 22:52
  • 末摘花

    HTさん
    「ゲゲゲの女房」は面白かったですよ。
    来春の朝ドラはHTさんの住んでいる所が舞台なんですね。楽しみですね。ゲゲゲの女房みたいに流行るといいですね。
    あ、主演は井上真央さんなんですね~。
    2010年09月26日 22:58
  • 末摘花

    オリーブさん
    とってつけたようなヒロインの奮闘記なんかはあきあきですね。あまりに現実感もなく自分勝手な展開なのに・・・。
    ドラマの中くらいしか自分勝手して人に味方になってもらうって現象はないでしょうけど、朝ドラの伝統の様になってるのがつまらないですぅ~。
    なんか奮闘具合もチャラいですよね。
    「てっぱん」に癒しやホロリ涙するってことはあるのかなぁ・・・。
    2010年09月26日 23:04
  • 末摘花

    mu.choro狸
    もはや朝ドラの伝統なんでしょうか、都会に出て滅茶苦茶やって成功して、故郷に戻って一旗揚げるって感じの展開が…。
    大阪編は特に普通じゃできない壮大な夢に向かうものが多いですね。

    私はゲゲゲでは松坂慶子が工員の太一くんを思うシーンが涙涙…。あ~、今でも涙でそう。「心配させてよ~」とか言うシーン。
    私も「篤姫」もハマってみてましたよ。世間ではドタバタやって成功してゆく姿よりも一見してどこのでもあるような物を通して幸せを感じる方が好まれているかもしれませんね。
    我武者羅に頑張るものいいんですけど、なんか嘘くさい展開なのが納得いかない。(架空のドラマに納得いく行かないはないんだろうけど)
    2010年09月26日 23:24
  • 末摘花

    ken/南関さん
    ゲゲゲノ故郷に行かれたんですか!!!
    いいですねぇ。私も一度は行ってみたいと思っています。
    しかも妖怪の悪戯もあったんですね(笑)
    私も学生時代の夏休みに史跡(お墓)を撮影してたら突然、シャッターが切れなくなり慌てた事があります。自宅でシャッターを押したらちゃんと撮影できる!
    「これは怨霊のしわざか!!!」とビビリました。現像した写真になんか写ってたらどうしょう。お祓いするお金も持ってないのに…とお金の心配で悩みをしましたが、変なものは写ってなくて安心した経験があります
    2010年09月26日 23:32

この記事へのトラックバック