紅葉の錦 神のまにまに

このたびは 幣もとりあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに
                                                   管家

(手向山に鎮まりますう網 私が捧げる幣として このえもいわれぬ紅葉の錦をみこころのままにお受け下さい。このたびの度はにわかの出立、捧げまつる幣の用意もございませんゆえ    
                                       参照:『百人一首』 大岡 信 /世界文化社)

画像


白鳥神社の参道入り口にある紅葉の木です。
地元では知られた木で、秋になるとカメラを構える人が大勢やってきます。

白鳥神社は、霧島山を訪れていた性空が白鳥山の頂上付近にある六観音御池の畔で法華経を唱えていたところ白髪の老人があらわれ「自分はヤマトタケルであり、白鳥となってこの山に住んでいる」と語ったことにちなんで、白鳥山中腹に白鳥権現社として創建されたそうです。

えびの市側からえびの高原に行く途中にある神社で、本殿はこの紅葉の場所からかなり登った所にあります。
何年か前に初詣に行った事がありますが、冬は寒いのでなかなか出かけていませぬゆえ・・・。
近くには源泉かけ流しの温泉もあります。
(源泉かけ流しなら新鮮なお湯で満たそう!と、よからぬ思いつきをし、浴槽のお湯をかきだしていたら、
半分かきだした所で、おばさんの団体がやって来て、非常に気まずい思いをした事がある温泉。
私の邪な思いつきが招いた結果なんですけどね・・・。)


突然、えびの高原に紅葉を見に行こうと言う事になり出かけました。
まさに歌の通りのにわかの出立。
カメラを持って出かけてみました。
今が見ごろの紅葉の木の周りには、カメラ小僧ならぬカメラシニアが次々にやって来ては真剣に
撮影を始めたので、割り込んでいく事が出来ず、遠まきに寄せては引いての撮影をいたしました。
(しかし、年をとると大胆になれていいですなぁ~。自分のペースで陣地を築き上げるパワーに気押されました)


画像


鮮やかな紅葉を見ると思い出す歌があります。
一つは、
このたびは 幣もとりあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに

なんとなく「紅葉の錦神のまにまに」って口から出てきます。

高校時代、百人一首のクラブに所属しておりましたゆえ…
一般的な競技かるたとは全然違い、百人一首を口語訳したり句法やら、古文の文法などを学ぶクラブで、
早い話が受験対策に古文の勉強をしていたのです。
楽しむクラブ活動などしていては激戦受験を乗り切れない!と言うわけで、「百人一首クラブ」と言う名の
古典の授業だったのです。
ちなみに3年生では数学で落ちこぼれていたため「基礎解析」クラブに放り込まれました・・・。
1~2年のゆるい学年の頃の百人一首をしながらの楽しい古典の時間に覚えたのです。

 ・ちはやぶる 神代もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは  在原業平朝臣

 ・嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 龍田の川の 錦なりけり    能因法師

などの歌は、錦のように鮮やかな山や紅葉の色の日本の秋を連想させてくれます。
色は賑やかだけどどこか落ち着くような、物悲しいような秋・・・



画像


昨日、今日は黄砂がひどく霞がちでした。


カメラシニアが続々とつめかけるので、もたもた撮影の私たちが邪魔になる様子・・・。
装備十分の迫力に負け、退散いたしました・・・。

画像


山の上のえびの高原を目指して出発
途中の木々を撮影しながら進みます。

えびの高原と言えば鹿・・・。
秋の鹿の歌も百人一首にあったなぁ~。
鹿が撮れるといいんだけど・・・


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • ken/南関

    素晴らしい紅葉ですね!!
    行きたいが・・・チト遠いな~
    写真欲しかったけど…今年は我慢ですわ!
    2010年11月13日 22:00
  • HT

    こんばんは。
    ぅわ~。九州でもこんなに紅葉されているのですね。
    どれも大きな木ばかりで、綺麗な紅葉ですねぇ。
    シニアの団体さんが写真撮る場所も奪われてしまいましたですか。お気の毒です。そんなの知らん顔して撮っていればいいんですよ。早いものが優先です。気を使う必要なんてないです。お互い様です。
    綺麗な紅葉をありがとうございました。これからもっと紅葉される木が増えて行きますね。
    2010年11月13日 22:23
  • エフ・エム

    すばらしい紅葉ですね。こんなの、滅多に見られません。
    シニアカメラマンがあたりを気にせず、夢中でシャッターを切る気持も分かる気がします。
    「このたびは 幣もとりあへず・・・」の歌のお話と、浴槽のお湯をかき出したお話とのギャップ、楽しく読ませていただきました。
    2010年11月14日 11:34
  • あっこちゃん

    最後の力を振り絞るようにまっかに染まっていますね。

    一人一眼づつ持っていますからねぇ・・・最近は。
    どこへ行っても3脚の林のよう。。。かく言う私も三脚こそないけれど
    そのシニアカメラマンの一人ですかな?(苦笑)
    2010年11月14日 20:39
  • 末摘花

    ken/南関さん
    そちらからだとちょっと遠出になりますね。日帰り出来るけれどちょっと慌ただしいかもしれませんね。
    そちらも秋が進んでますでしょう。
    2010年11月17日 23:12
  • 末摘花

    HTさん
    カメラサークルなのか次々にやってきて撮影会をしていました。その団体に圧倒されましたよ。
    そちらは紅葉と雪も一緒におさめる事が出来るんじゃないですか?贅沢な秋ですね
    2010年11月17日 23:14
  • 末摘花

    エフ・エムさん
    秘湯ではないけれど空いている時間に行くと貸し切り状態で広い湯船を楽しめるので調子に乗っちゃいました。
    「あれ~?ここのお湯は少ないねぇ」とおばさま方が言ってました。地元の人出はなかったので私の仕業だとはばれませんでしたが…。
    お風呂で自分勝手なことをしちゃいけませんよ~
    2010年11月17日 23:18
  • 末摘花

    あっこちゃん
    シニアカメラマンは三脚に立派なカメラをお持ちの方が多いですね。あのようなカメラはまだまだ手が届かないし操る事が出来そうにないです。写真が趣味の人って多いですね。今の季節は撮りたいものもたくさんあるでしょうね。
    2010年11月17日 23:22

この記事へのトラックバック

過去ログ

QRコード