えびの高原の秋

えびの高原を目指し山道を走りながら紅葉を撮影。

画像


道際にも紅葉の綺麗な木々がありますが、ここぞと言う所に電線が通っていたりで、
なかなか自然の風景オンリーの写真が撮れませんでした。
プロはどうやって電線を避けて撮影してるんでしょうか。

画像


おまけに黄砂で霞がかかり、少しな離れた紅葉を引き寄せて撮影しても
霞がかかっている感じ・・・。

そこうしているうちにえびの高原に到着です

画像


子供の時は山登りに来ていたけれど、ここ数年は全く寄りつかないでおりました。
ことにプライベートではキャンプをしない事にしている私。
登山もなるべくしない方向で生活しています。
特にキャンプをすると、私は田島陽子女史に変身してしまうので仕事でもないかぎり
キャンプは致しません。
どんな風に変身するかは・・・田島女史の主張、その他でご想像下さい。
とにかくキャンプに行くと私は人間不信になるわ、怒りがたまるわ・・・。
キャンプが楽しいって人が羨ましいですよ~。ホント。
ご飯ばっかり作って、後片付けして…。負担増大、ストレス増大。
(たぶん忙しいお母さんが疲れてヒステリー出す状況に似てるのかも・・・)
その場では爆発させられないから、家に帰って田島女史に変身して吠えてしまう
こういう自分を振り返るにつけ・・・たぶん一生結婚できないだろう・・・と思う事もしばしば・・・
そんな忌々しい思い出のキャンプ場もえびの高原にはあります。

画像


えびの高原には野生の鹿もいます。
野生のくせに人間をあまり怖がっていない鹿たち。
道路際で日向ぼっこ中。

 奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の 声きくときぞ 秋は悲しき  猿丸太夫

鹿の声って女性の悲鳴のような、切ない叫びのような声ですよね・・・。
そんな切ない声を出す鹿がこんなふに道路際で
気を抜いて日向ぼっこしてたらなんか雰囲気でないなぁ・・。
もっと警戒して姿を見られたら山奥に逃げ込こんで、森を彷徨いながら切なく鳴いて欲しいねぇ・・・。
もっとも、鳴いているのは発情期の雄鹿で縄張り主張等の為に鳴いているとか。
恋の切なさで鳴いているとは言えないようです。
(科学の解明がロマンチックさを消しちゃったような・・・)

とにかく、最近は鹿が増えているので餌を与えないでくださいと注意がされております。


画像


たぶん、不動池だと思います。
池の周りの紅葉は終わってしまったようです。

鹿も増えて困っているようですが、えびの高原には貴重な植物もあり、盗採の被害もあるようです。
この日は、途中で検問があり、貴重な植物を勝手に採取していないかのチエックがありました。
(ミヤマキリシマなどの盗採被害が大きいとか)

仕事で知り合った人でこうした違法採取で摘発されたオッサンがいたのを思い出しました。
彼は糖尿病らしいのですが、病院に行くと色々と指導されるし医療費がかかるので、
えびの高原に行って、「糖尿病に効くらしい」という草のようなものを採取しては
家で煎じて飲んでおりました。
こんな事をして糖尿病に効くのか眉唾モノです。(科学的根拠があるんかねぇ~)
自然の物ですぐさま人体に効力がでるなんて思えないんですけど、彼は信じて飲んでおりました。
ましてや盗採・・・。
そんな心臓に悪いリスクをかかえて飲む煎じ薬は体にいいんでしょうかねぇ?
家族が止めようが仲間が止めようが飲み続けていたオッサン。
ついに摘発され罰金をとられたと言う話を聞きました。
普通に病院で治療した方が精神的にも経済的にも楽だったと思いますよ・・・。
それに現代医学の力の方が効果があったはず・・・。

とにかく山に行ったら高山植物は手に取らず、写真に撮って楽しみましょう。


画像


家に帰って、えびの高原で買ったリンゴのパウンドケーキを食べました。
このパウンドケーキ、熊本県のあさぎり町の道の駅で以前に買ったことがあります。
しっとりとしてリンゴの甘さがたまらないケーキ。
なんと、えびの高原でも販売されていたとは!!!
販売元を見ると、「熊本菓房」ではありませんか
(え、そうなの・・・。思ったより近くで売られていた事が判明)

とにかくご賞味くだされ。
私はすっかりはまっております。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • HT

    こんばんは。
    一番上の紅葉綺麗ですね。もうこんなになっているのですね。
    私の方とあまり変わらないように見えてしまいます。
    山頂ではもう紅葉も終わられているのですか。
    鹿君が堂々としていますね。私は自然の中に居る鹿で、こう云う場面に会った事がありません。良いですね。
    2010年11月15日 01:28
  • カメさん

    撮影の時に電線があるとほんとイライラしますね。
    日本はどこに行っても電線だらけ。
    黄砂が遣ってきたんですか。
    まだ一度も見た事がないですね。
    野生の動物は人間を怖がらないと、聞いた事がありますよ。
    人間を怖がるのは人間が動物を苛めた結果、
    動物が人間は怖い動物だと学習する事で起こるそうです。
    2010年11月15日 07:46
  • 金熊

    いつの間にかすっかり紅葉が進んでいたんですね。フライングして先々週末にドライブした時(熊本ですが)には、まだまだ青かったのに、色づき始めると早いですね。
    鹿ですが、奈良の鹿のように近寄ってくるんでしょうか?触れたりして?
    2010年11月15日 08:16
  • あっこちゃん

    キャンプ場の末摘花さんの姿と『タカジンのそこまで言って委員会』や『TVタックル』での田島女史の姿が重なりました(笑)

    えびの高原の美しい紅葉、自然、そして鹿ちゃん。

    鹿は鳥獣保護の観点から捕獲できなくって増えすぎていて各地山林や農作物の被害が出ているようですね。
    奈良や宮島では神の使いだから捕獲できないんですよ。大事にされちゃって・・・すごい増えてます。

    えびの高原といえばこちらのスーパーでハムやベーコン、ソーセージな売っていますよ。
    2010年11月15日 19:50
  • オリーブ

    田島女史化するって・・・面白いですね。
    キャンプは基本的に私も嫌いです。
    なにも遠出してまでご飯炊かなくてもなんて思います。
    しょぼいカレーや焼肉よりレストランがあるじゃないなんて。
    鹿の鳴き声もロマンチックな時代があったのですね~
    宮島の鹿は全く餌をやらない時期がありました。
    すごくかわいそうでした。
    お菓子の入ってたビニール袋を口にくわえている姿をテレビで見たことがあります。
    きっとそのビニール袋を子鹿のために持っていくのでしょう。
    勝手に保護しておいて増えすぎたらひどい仕打ちをする・・・信じられません。
    2010年11月16日 20:52
  • 末摘花

    HTさん
    えびの高原にかぎらず、最近ではどこでも鹿が出るようでシカよけのネットが田畑に張り巡らされています。えびの高原の鹿は保護の対象ですけどその他の鹿は保護の対象外で駆除されるのですが、なかなか追いつかないのか鹿が自由気ままに出没しています。
    HTさんのお住まいの辺りは自然や山に近いですけど町中は私の住まいより都会の方ですよ。あるいは鹿たちも自然豊かな森があるから危険を冒して人里まで出てこないのかも。
    2010年11月16日 22:03
  • 末摘花

    カメさん
    どんな山の中でも電線がありますね。
    電線の恩恵を受けてはいますけど、どうにかならないものかしらと勝手に思ってしまいます。

    ここ数日の黄砂は酷かったですよ。スタンドの洗車も列ができるくらい。私もさっと流して来ました。丁寧に洗ってもまた黄砂が来ては無駄な気がして。
    野生のシカは人が怖くないんですね…。怖さを知らないんでしょうね。でも、最近の人間は鹿やイノシシの猟をあまりしないので、これから先も怖さ知らずでいくかもしれませんね。
    2010年11月16日 22:08
  • 末摘花

    金熊さん
    標高の高い山では結構、紅葉は進んでいましたよ。
    佐賀ではもう9年庵が公開されているんじゃないですか?私はみた事がないのですがすごく見事な紅葉が見られるそうですよ。私はなんにもない春に行った事はあるんですけ…。
    2010年11月16日 22:09
  • 末摘花

    あっこちゃん
    そうなんです。田島女史に変身した私は手に負えないらしく、キャンプの予定を知った日から機嫌が悪いので「そんなものに行くな!」と家族までもイラつかせる始末です。田島女史より始末が悪いかもしれません…。

    宮島も鹿君が出迎えてくれるんですか。
    鹿が神社やお寺にいると言えば奈良のイメージですけど、宮島でも神様の使いが鹿君なんですね。
    えびの高原のベーコンなどかそちらに行ってるんですね!!違う土地に知ってる土地の物が行っていると、「頑張って食べてもらえよ」という気持ちになるます。ハムにエールを送るような気分…。
    2010年11月16日 22:18
  • 末摘花

    オリーブさん
    全くの同感です!
    キャンプでしょぼいカレーを作られるのほどストレスはないです。日頃から炊事をしない癖にキャンプで料理をしようとする神経もわかりません~。キャンプでカレーくらいはちゃんと作れるように練習してからキャンプをしろ!自宅の衛生的で便利な台所でお弁当を作って行って日帰りすりゃいいじゃん。と思う私。思い出しただけで田島女史に変身しそう(笑)

    保護ばっかりしてると逆に自然とのバランスが悪くなるようですね。えびの高原の道から見える景色も鹿の食害に遭ってる感じがしました。
    でも、急に保護路線を変えられても鹿たちは困りまりますよね。「その気がないなら始めっから優しくしないでよ」って訴えてるかも。
    2010年11月16日 22:37

この記事へのトラックバック

過去ログ

QRコード