花かごしま2011 ~薔薇と女性たち~

花かごしま2011の目玉の一つが『篤姫ローズ』です

『篤姫ローズ』は篤姫をイメージして作られた薔薇です。
専門家の間でも、「篤姫の赤い打掛を思わせる鮮やかな赤で、情熱的で芯の強い薩摩おごじょ「篤姫」に
ふさわしいとの評価があったそうです。

画像


大河ドラマの「篤姫」も赤っぽい着物をお召しになっていた気がします。
時代劇を見ていると、「姫」と呼ばれる方々は赤のお召し物が多ございますね。
少しお年を召されると、紫、黒と金というような感じにもなりますけど。
今の振袖に見られるピンクなどはあまり姫さま方はお召しになっていないような・・・。


その、「篤姫ローズ」の横には、珍しい青いバラがありました。

画像


なんとなく花が過ぎたような気がしますが・・・。
なんとなく青と言うよりパープルと言う感じもしますが・・・。

貴重な花も色あせてしまうものですね・・・。
でも、薔薇は枯れかかっても女王の風格はそのままと言う感じもします。


「おごじょの庭」には、日本や外国のプリンセスや王妃、有名な女優、歴史上の女性たちをイメージした
薔薇も多くあります。

画像


これは、ハプスブルグ家の女帝・マリア・テレジアをイメージした薔薇。
あの時代の君主の肖像画にあるマリアの顔色のようなピンクです。
ロココの時代を感じる形のような・・・

画像


これは、豊臣秀吉の側室・淀君をイメージした「茶々」。
茶々さまってこんな感じなのかなぁ・・・。
こんな感じかもしれないなぁ~・・・色的には。

画像


これは、クレオパトラをイメージした薔薇。
私のクレオパトラのイメージは金と青です。
金の装飾とアイメイクが青いんじゃないかという勝手な印象でそう感じるのです。
美女で権力者だった彼女は、きっと薔薇風呂に毎日入って、薔薇から抽出した
高価なオイルを塗り込んでいそうなイメージもあります。
(あくまでも、私の個人的なイメージ)

クレオパトラの生きたプトレマイオス朝の時代は、まだモダンローズやハイブリッド・ティやらは、
なかったと思いますが、彼女をイメージすると剣弁の薔薇がぴったりくるような気がします。
円い花と言うよりはシャープな花弁をもつ薔薇のイメージです。

画像

オードリ・ヘップバーンをイメージした薔薇。
画像

イングリット・バーグマンという薔薇


外国の名だたる女優や王妃の名前を貰った薔薇が咲きほこる中、日本人の女優の名のついた薔薇を発見しました

日本代表は・・・・な・なんと!!!

黒柳徹子さんでした

画像


黒柳さんモデルの薔薇の名は「トットちゃん」。
トットちゃんだった頃の黒柳さんをイメージしたのでしょうか。とても可愛らしい色です。
今の黒柳さんで薔薇を作るなら何色なんでしょうか・・・。
真紅かしらん?
ミステリアスな薔薇に仕上がりそうですな


薔薇にたとえられた女性たちはどんな気分なのでしょうか。
自分を花にたとえると、とても薔薇と言う感じではありません。(畏れ多い事じゃ。)
薔薇に憧れ、薔薇のハンドクリームを時々、思い出したように塗り込んでみたりもするけれど、
薔薇の持つ優雅さ、愛らしさ、貴賓に満ちた姿、そして気高くミステリアス・・・。
どれも私にはありません。
薔薇にたとえられる女性達って、美しさと同じくらい生き方も重要なんでしょうね










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 67

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • HT

    こんばんは。
    薔薇に名前が付けられるなんていいですね。素敵な人生を送った女性ばかりですね。でも、薔薇にはとげがありますから。
    寝る前に綺麗な薔薇を見せていただきました。
    2011年05月22日 01:34
  • エフ・エム

    人物の名のついたバラのご紹介、おもしろく拝読しました。
    写真を見ると、なるほどと思います。篤姫は情熱を感じる赤ですね。
    バラの品種名になった人物名はほとんど全部女性ですね。
    男性名は「クリスチャン・ディオール」ぐらいしか知りません。
    バラのイメージは高貴な女性。触ると痛い目に会う。
    2011年05月22日 07:49
  • オリーブ

    篤姫がドラマで来ていた真っ赤な打掛を思い出しました。
    イメージでお花を咲かせることって可能なんですかね。
    マリア・テレジア…そういえば末摘花さんがおっしゃるように白いお顔にぽっと紅をさした、そんな感じですね。
    ふふふ、実は私バラに例えられたのですよ~
    ところが喜べません、棘の方ですって。
    確かに私は耳に痛いこともはっきり言うし…
    2011年05月22日 10:54
  • 金熊

    お久しぶりです!どの薔薇も,言われてみればそうんな感じがするな~という気がしてよくイメージをとらえていますね。黒柳徹子さんの薔薇も椿のようなちょっと和な気配が漂っていて,これまた言われてみればそうね~って感じがします。薔薇を作った方々って想像力豊かですね。技術家というより芸術家という感じですね。
    2011年05月22日 17:36
  • あっこちゃん

    「おごじょの庭」・・・女性たちの庭ということですね。
    どのバラもそれぞれの美しい方々のイメージにぴったりですね。
    マリアテレジア、茶々、オードリーヘップバーンなど本当にイメージどおりですね。
    名前をつける方々の発想力には脱帽です。
    2011年05月22日 20:16
  • 末摘花

    HTさん
    美しく香りも良い薔薇は見る分には癒しですが、棘を隠していますね。でも、その棘の危険さも魅力だったりして。
    棘のある美女って人間にもいますよね。美女じゃないけど棘のある人もいますけど…
    2011年05月22日 21:12
  • 末摘花

    エフ・エムさん
    クリスチャン・ディオールと言う薔薇も赤いバラなんですね。男性をイメージしてたなんて
    薔薇のイメージの男性って、キザな高貴な貴族って感じもしたりして(笑)
    2011年05月22日 21:16
  • 末摘花

    オリーブさん
    オリーブさんは薔薇の人だったんですね。言われてみれば「薔薇」と言う感じもしますよ。白いバラかなぁ~。棘も含めて薔薇の魅力ですよ。気安く触れない高嶺の花という美しさがいいんじゃないですか~。
    そんな棘もものともせずに近寄ってきた男性も素敵な人が多いのではないですかな?
    2011年05月22日 21:20
  • 末摘花

    金熊さん
    お久しぶりです!
    黒柳さんはテレビ番組の和服のイメージから、ピンクと言うよりは赤々とした色かなぁ…と思っていたのですが、名前の「トットちゃん」を見て、小学生の時に読んだ「窓際のトットちゃん」の表紙を思い出しました。
    イメージ通りに薔薇を作ることができる技術もすごいし、人を花にたとえて想像するロマンチストさも素敵ですよね。
    2011年05月22日 21:25
  • 末摘花

    あっこちゃん
    「おごじょ」=薩摩弁で女の人と言う意味です。女性は殆どが薔薇なんでしょうか?おごじょの庭には薔薇が咲き乱れていました。
    そう言えば、薔薇の香りは女性の美と健康に良い影響を与えるそうですね。

    花の品種の名前をみると素敵な名前を貰っていますよね。
    薔薇もチューリップもパンジーも色や形の違いでイメージされた名前を貰ってるますね。名づけ親さん方の感性も素晴らしいですね。
    2011年05月22日 21:29
  • カメさん

    こんな綺麗なバラが良く作れるものですね。
    篤姫ローズ素晴しいです。
    未摘花さんは情熱家タイプではないんでしょうか。
    2011年05月23日 09:05
  • みず

     染物って、どれだけキレイな色を出せるかでその値段が決まってたらしいですよ、、、当然染料の希少価値なんかもあるでしょうけど。
     昔のエライ(地位の高い)人達の着物が派手なのは、それだけ金持ってるってことでしょうね。
     ピンクはどちらかと言えば、赤になり損ねた色って感じなので、金持ちの着る服にはちょっと、、、ってことでしょうね。
     うちも間違いなくバラにはなれませんね。
     せいぜいタンポポ止まりかな(笑)
    2011年05月24日 09:28
  • 末摘花

    カメさん
    希望の色に作るのも難しくすごい技術ですよね。
    私は確かに情熱かですよ~。ものすごい怨念と情念を持つ続ける事が出来ますのよ・・・こんな薔薇があったら…浮気者は血祭りになってるかも
    2011年05月24日 14:36
  • 末摘花

    みずさん
    なるほどねぇ~。確かにピンクの着物をお召しになる姫君いませんね。いい所のお嬢様がたはシックにあったり浮いた色はえらばないですね。
    みずさんは「たんぽぽ」なんですか?私のイメージでは妖艶なユリか蘭かと思いましたよ~
    2011年05月24日 14:40
  • たかじい

    篤姫ローズとは、確かに宮崎あおいさんを思い出してしまって、重なります。
    見事なバラですね。さすがです!
    2011年05月25日 23:51
  • papimama

    今晩は~☆
    まぁ何と素敵な薔薇が…
    どれが良いかなんて決められないくらいです。
    2011年05月26日 01:40
  • eisui

    末摘花さん 御訪問ありがとうございます。

    見事な薔薇の数々、豪華で素敵です~~~感謝!
    青い薔薇、薄紫が上品で美しい(*^_^*)
    女帝・マリア・テレジア豪華で薔薇の中の女王ですね(@_@;)
    どの薔薇も綺麗ですが映像が又美しいです。
    素敵な薔薇を堪能させて頂きました❤❤❤
    2011年05月26日 06:20
  • はるこ

    わぁ~篤姫ばらがあるのね~
    それに・・
    とっとちゃん♪
    このばらの由来はきっと
    中心の
    たまねぎ頭よ~と思いますぅ
    2011年05月26日 12:37
  • betty

    こんにちは^^
    気持ち玉をありがとうw
    文章と写真を見比べていましたよ。
    分かりやすい説明でした。
    薔薇は高貴ですね~~。
    素敵な薔薇たちでした

    またブログにいらしてくださいネww
                      betty^^♪
    2011年05月26日 13:39
  • 花ちゃん

    今日は(^^)/
     初めまして、花ちゃんの庭の薔薇!ご訪問のしるしに気持ち玉をお送り頂き有難う御座います。「篤姫ローズ」は篤姫をイメージして作られた薔薇なのですね。情熱的なバラ色で綺麗ですね。「マリア、テレジア」のバラ色は初めて見る薔薇です。珍しい薔薇を見せて頂き有難う御座いました~♪
    今後もどうぞ宜しくお願い致します
    2011年05月26日 17:08
  • ハーモニー

    先日は拙いブログに、気持玉ありがとうございました。
    鹿児島にお住まいなんですね。私の新婚旅行は鹿児島でした(笑)
    今の時期、バラが咲き誇りますね♪ 我が家にも数本あるのですが、すぐに虫が付いてしまって。。

    4年ほど前、合唱団で訪ねたシェーンブルグ宮殿にマリア・テレジアの絵がありました。当時5歳のモーツアルトがマリア・テレジアの頬にキッスをしたということも其処で聞きましたよ。
    バラの名前にも色々由来があるのですね。

    末摘花さん、 溶けかけの弱ったチョコレートがお好きなんですね。
    プロフィール、拝見しました♪
    今後ともよろしくお願いいたします。
    2011年05月27日 09:35
  • 秋桜

    私、昔、霊能者に、(その人は、女性は花に、男性は木に、たとえるのですけれどね)、クリーム色の小さいバラって言われました。きっとモッコウバラね。いかにも庶民的です。
    2011年05月27日 17:32
  • 末摘花

    たかじいさん
    私も宮崎あおいさんの姿を思い出しました。赤いお着物が良く似合ってましたよね。私より随分お若いのに女優さんって偉大にみえます。
    2011年05月28日 22:49
  • 末摘花

    papimamaさん
    薔薇って甲乙つけがたいですよね。花弁がたくさんある薔薇もいいし、一重の素朴な野ばらのようなものでも愛らしい。
    それになんといっても香りがいいですよね!
    2011年05月28日 22:50
  • 末摘花

    eisuiさん
    コメントありがとうございます。
    薔薇にたとえられる女性たちは時代のトップだったりする輝きがあるんでしょうね。
    薔薇は目で楽しませてくれて、香りでも楽しませてくれますね。その香りは女性にとっては癒しかも
    2011年05月28日 22:54
  • 末摘花

    はるこさん
    黒柳さんの玉ねぎ頭をイメージして円くこしらえた薔薇なるほどねぇ~。
    でも、どうして黒柳さんだったんだろう…。と思ったりして(笑)
    2011年05月28日 22:57
  • 末摘花

    bettyさん
    コメントありがとうございます。
    私もbettyさんの所を度々のぞかせて貰っています。
    今後ともよろしくお願いしますね。
    2011年05月28日 23:48
  • 末摘花

    花ちゃん
    薔薇を作る人たちは色んな女性たちの生き方や、姿をよく見ておいでなんでしょうね。存在感と構成のある薔薇をつくりますね。
    赤い色の薔薇はやはり情熱とい言う感じがしますね

    コメントありがとうございます
    2011年05月28日 23:52
  • 末摘花

    ハーモニーさん
    実際にマリア・テレジア所縁の場所を訪ねられたのですか。素敵ですね。私もいつの日かヨーロッパの美しい妃や女帝の歴史を訪ねてみたいものです。憧れちゃいます。
    薔薇は育てるのが難しいですよね。私の家の薔薇も葉が大変な事になっているのもあります。気がついた時には・・・というパターンばかりです。

    私は鹿児島との県境の宮崎県に住んでいます。昔は薩摩だったので島津氏にまつわる物が多くあります。日常会話も宮崎弁ではなく薩摩弁で会話する土地なんです。
    チョコは溶けかけてぐったりしているのが最高ですよ。
    夏場はわざわざ常温にしています。時々、母が余計なお世話で冷蔵庫にしまってしまうので、こっそ常温で溶かして食べるのが楽しみです。
    甘さが倍増しますよ!疲れている時におススメです。チョコのようにまったりだる~だる~な感じになれます。
    2011年05月28日 23:59
  • 末摘花

    秋桜さん
    モッコウバラは棘もないんですよね?
    棘がなくて愛らしいんですもの可愛らしいですね。
    女性を花にたとえて下さる霊能者がいるんですね。それはなんともロマンチックな感じがします。
    何にたとえられても花ならば嬉しいかもしれませんね。分厚い辞典でも観なきゃ知らないような雑草の花だと複雑ですが…。
    2011年05月29日 00:03

この記事へのトラックバック

過去ログ

QRコード