雲仙・島原紀行~普賢岳と鮑の味~

せっかくなので普賢岳をもっと身近に感じてきました。

  
画像


テレビや新聞で見ていた普賢岳は大きい怖い山という印象でしたが、
日頃から霧島連山を見慣れているせいか、思ったよりこじんまりとした印象。
この山が、あの甚大な被害を出した山とは・・・


画像

仁田峠の展望所から普賢岳を撮影。(溶岩尖塔と呼ばれるものらしい・・・?)

その日は老人会らしき御一行も観光にいらしていました。
そのグループにはやたら、眼下に広がる有明海の小島に詳しかったり、山に詳しいオジサンが
おられ、様々なうんちくをマダム達に教授なさっていたので、私も盗み聞き

なんでも、普賢岳には特別に許可を受ければ登れるらしい。
でも研究者といった限られた人だけで、登山もかなり制限もあるし、
不測の事態が起こっても生命保険は下りないそうです。

画像


噴火する前、普賢岳の山頂付近には神社があったそうです。
看板の説明書きの記憶とと盗み聞きを参考にして、ピンクの印の辺りに神社があったと思われます。
(違っていたらごめんなさい
かつて山の上にあった神社は溶岩ドームに埋没してしまったようです。
およそ5年ほど続いた火山活動でできた溶岩ドームは「平成新山」と呼ばれているそうな。
普賢岳の横にさらに高い山が出来たってことなんでしょうかね?(そんな風に解釈しましたが)


仁田峠をおりて、雲仙の町へ

真夏でしかも地獄付近なのに意外と涼しい雲仙の町。
照りつける太陽は同じなのに、吹く風かひんやりしているような・・・。
パンフレットを見れば、雲仙は「九州の軽井沢」と呼ばれるくらい涼しい所らしい。
「九州の軽井沢」とは初耳でしたが、確かに心地よい風。

おもちゃ博物館、ビードロ美術館を見学。高そうガラス細工のお宝がありました(でも撮影不可)。
旅先に因んだ切手を購入するのが趣味の私は、早速、雲仙の郵便局に行ってみましたが、
残念ながら雲仙や長崎に因んだ切手は、現在はおいていないとのこと・・・
どこぞにフレーム切手でもないものかよ・・・と恨めしい思い。


気を取り直して、ホテルにテックインしてお風呂を楽しむことにしました。
泊まったホテルは「ゆやど 雲仙 新湯」。(ここの宿泊プランを利用しました。)

ホテルに入ってみれば、窓を全開にしているだけなのに、全然、暑くない。
クーラー要らずの雲仙。雲仙の風がロビーを流れてゆきます。
風の涼しさだけでも宮崎から出てきた甲斐があるというもの。


お風呂は露天風呂(心地よい涼しい風も吹いてます)、大浴場ではハーブをつかった
お湯も楽しめるイベント湯もありました。(いくつかの家族風呂もあるようです。)
しかも、私たちが出かけた日は、まだ夏休み前のシーズンオフの頃。
お客さんは、JA柳川の茄子部会の方々、観光の団体さんがありましたが、
団体さんは宴会時間がきっちりしているためか、私達が入る時と入れ違いになり
貸し切り状態で、泳ぎの練習も出来ましたよ~


料理は海の幸ありの懐石料理。
雲仙のクリーンポーク豆乳鍋、、柔らか~い雲仙ポークのブラウンシチューなど
ただでさえボリュームいっぱいなのに、
父の誕生日が近かったので、オプションで鮑をつけてプレゼントしました。
(お刺身と焼いて食べる2パターンをプレゼント)


父から当然のごとくお裾分けをしてもらい、鮑の味を楽しむつもりでしたが・・・

食べ慣れぬ鮑の味や・・・夏の宿  (末摘花心の俳句

画像


ん~、鮑の刺身って意外にコリコリとして硬いのね・・・。
ん~、今後の人生において無理して食べなくてもいいかな~
焼いた方が食べやすくて美味しかったです







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • HT

    おはようございます。
    普賢岳も今は静かになって緑があるのですね。火山が起きると噴出し口付近に山が出来ますよね。平成新山と言うのですか。
    アワビが美味しそうですねぇ~。ずっと昔に食べ事ありますがもう長い事食べていないです。羨ましいようです。
    2013年08月04日 10:08
  • 末摘花

    HTさんへ
    信州の山々に雄大さや美しさはかないませんが、山って場所によって違うものですね。普賢岳はそんなに高い山ではないのですが町に近いのに驚きです。
    鮑の味が楽しめる程、私の舌はまだ大人になっていないようです(笑)
    2013年08月04日 20:29
  • miki

    写真の普賢岳の丸みのある穏やかな山からは
    あの想像を絶する火砕流は想像もできませんが
    ひとたび火を噴くと火山は恐いですねぇ~
    修学旅行で阿蘇山の火口を覗いた事がありますが~
    煙は少しでしたが~やはり巨大な火口は近寄り難く
    恐ろしく感じたものです~
    雲仙は九州の軽井沢~涼しいんですね
    地獄めぐりされたんですか~?
    ブクブクわきあがっている温泉~
    名前忘れましたが~今でも脳裏に~
    血の池地獄~真っ赤な色とその名前が
    強烈に印象に残っています~

    鮑ですか~いいなぁ~
    最高のお誕生祝いですね~
    お父様の幸せな笑顔が見えるようです
    俳句のたしなみも~凄い!!
    幸せのお裾分け頂きました~ごちそうさま~
    2013年08月05日 15:28
  • 末摘花

    mikiさんへ
    九州には活火山が多くあります。温泉が出てよいのですが怖い時もありますね。

    mikiさんがなさった地獄は大分別府の地獄でしょうね。「血の池地獄」や「海地獄」などいくつか勢いの良い地獄をご覧になったのでは?
    血の池地獄は驚く色ですがその泥は皮膚病に効くと聞いたことがありますよ。
    2013年08月13日 20:24

過去ログ

QRコード