白樺の植林

昨年、杉を切り出した山に白樺を植林しました。

P6121164.JPG

白樺は一昨年、北海道に住む叔父が種を送ってくれたものです。
夏の間に種を蒔き、冬を越した2年目の白樺。

暑さ厳しい九州の地で白樺が育つかどうかはまだ分かりません。
もしかしたら、白樺特有の白い幹にはならないんじゃないか?
なんていう事もささやかれていますが、父は先祖代々から受け継いだ、山の斜面を
白樺の森にするつもりで、家族を動員して植林作業に励みました。


P6121166sira.jpg


当然だけど、山林は斜面である。
しかも急な斜面。
どの山もそうかもしれないけれど、なだらかに見える山の形でも足元は急登なわけで・・・
苗と鍬を持ち歩くのも辛い・・・
当然だけど、斜面は固い。
大雨で簡単に崩れてしまうように見えてしまうが、地面は固い。
鍬が全然刺さらない・・・なんてこともありまして・・・。
突然、どこから元もなくわいてくる血を吸うタイプのハエにたかられるし・・・
この程度の植林作業で、林業の仕事は大変であると骨までしみました。

一方の父は、多少の心得もあるのか、白樺の森を作るんだという夢があるためか、
夢に向かってどんどん苗を植えてゆく。
私が1本植えるうちに5本は植えているのではないだろうか・・・


P6171178-sr.jpg

480本の苗木を何とか植え終わってみたものの、目で見る景色と
写真としてみる景色にはかなりの違いがあるような気する・・・。

目で見ると主観なのか苦労と、達成感とが入り混じり、植えた苗木が大きく見えるのだけど、
写真は客観的というか、自分らの仕事がちっぽけに見えてしまう。
(撮影者の腕もあるけど)


木を伐採し、植林予定地に鹿よけの網を張るために、支柱を担いだり、網を担いで張り巡らしたり、
苗を植えたりと一連の植林作業が一応、終了・・・。やれやれ




噂にきいたんだけど・・・
植林後、7~8年は草刈り作業がいるってホント?







 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • tatukie

    山を育て守ると言う事は 大変な事ですのね。
    お父様 素晴らしいお方です ね 貴女も。
    ねこ嬢さん も 楽しい存在ですね。

    2019年07月13日 10:59
  • 末摘花

    tatukieさんへ

    植林を仕事といている人の苦労がわかりました。
    木を伐採した後に植えられる苗のほとんどは、自分の代に時にはお金には
    ならないものですが、未来の人の為への贈り物のような面もありますね。
    ただ、今の木材価格が長く続くことも大事なような・・・。
    切って植え替えるられる状況ができるといいなと思います。
    2019年07月14日 22:24
  • ろこ

     ナイス 
    時間がなくてごめんなさい。
    気持ち玉です
    2019年07月15日 00:14

この記事へのトラックバック

過去ログ

QRコード