鯛のお頭


月に2度くらいのペースで酒造メーカが県内の美味しい農産物、海産物を地元紙の広告欄で紹介している
紹介された特産品は抽選で数人にプレゼントされるというのだから、応募しないわけにはゆかぬ

地元紙と言えどもライバルが多いようで、何回もチャレンジしてたけれどなかなか当たらない
(狙っているのがいつも、肉だからかもしれないけれど・・・)


今朝、宅配便の人が荷物を抱えて我が家にやって来てくれたのだが、住所は我が家、電話番号も我が家なのに、
氏名が全く心当たりがない、「スギヤマ」さん宛の荷物であった・・・

住所も電話番号も私の家なのに、あて先指名が違うために、宅配業者はそれを持ち帰ってしまった。
名前に少しでも心当たりがあればよかったのだが、「スギヤマ」氏は半径1キロ以内にも心当たりがないくらい
聞いたことのない氏名なので、致し方あるまい・・・。

宅配業者が持ち帰った、箱は白い発泡スチロール容器だったので、おそらくクール便などの生ものに違いあるまい
箱の大きさから推測するに、鮮魚か肉であろう
いや肉と言うより鮮魚だな~。
いやいや、干物系かもしれないな・・・もしや岩ガキだったりして~
などと、推理をしているが、この時点ではまだ私の物ではない。
ドライバーは一旦、持ち帰って問い合わせてみるという事だったが、電話番号と住所は私の物である。
送り主がもしかしたら、自分の名前を書いてしまうという凡ミスをおかしたのかもしれないと、
すっごく前向きな予測を立てて待った。


午後、発送元から我が家に電話があり、そのプレゼントキャンペーンに葉書を出したかの有無を問われた。
もちろん参加しているし、当たってほしいと口から出そうになった。
名前も、住所も我が家で、荷物もすぐそばまで届いている。
(仮にそのスギヤマ氏が県北に住んでいて、ここから届けるとなると鮮度もかなり落ちちゃうんじゃない~?
(発送をもって発表なんだから、スギヤマ氏も知らぬことかもしれぬ・・・
 いっそ、私を当選者にしておくれ

などと、邪な考えが頭を駆けめぐりつつ、2度ほどの電話のやり取りで、
スギヤマ氏と私の氏名が入れ替わっていたが、どちらも当選者で、
スギヤマ氏にも事情が伝わったので、どうそお受け取りくださいとのことで、
心置きなく頂戴しました。

夕方ようやく届いた発泡スチロールの中には・・・

DSC_0756tai.jpg

鯛が2匹も収められておりました
小躍りするほどテンションが上がる

早速、刺身とか塩焼きにしようとかいいつつ、父が3枚におろすことになった(こういう仕事は昔から父なのだ)

ところが・・・
鯛を自宅でさばいたことがほぼ記憶にない我々。
鯛には鱗があるのだが、鱗を取る道具があったはずだが、どこへやったか見当がつかぬ。
両親は「あるはずだ。前に使ったことがある」と断言するも、どこへしまったか覚えていない。
前回使ったとされる頃も、どのくらい前のことやら・・・。
今夜は刺身も塩焼きもお預けで、
綺麗な目をした鯛を横目に塩サバを食べました・・・


P8140653ni.jpg

「あんたさぁ~、鮮魚が当たってるかもとか推理してたんだから、発想を発展させて用意しとけにゃ~。
 魚に鱗はつきもんでしょが~ 塩サバしか魚を知らんのかいっ」



P8140654na.jpg

雨で外に出られない猫嬢はイライラ。
発泡スチロールの箱で憂さ晴らしに爪とぎをされては大変

この記事へのコメント

tatukie
2019年07月16日 19:50
2019年07月16日 19:52
特産品の当選 おめでとうございます
お見事なお目出鯛^^Vね ラッキー。

素敵なご家族との楽しい日常ですね
ユーモア いっぱ~い。
猫嬢の呟き 貴女の感性がとてもお見事!ね。
末摘花
2019年07月26日 22:21
tatukiさんへ

鯛の鱗とりは意外に難しいですね。鱗が派手に散らばってしまって・・・。
何とかお刺身を取ることができました。
本当は塩焼きをとも思ったのですが、刺身が美味しくてお刺身になりました。
2019年07月31日 23:58
 ナイス 
気持ち玉代わりです
コメ返はお気になさらないでくださいね。

特産品の当選 おめでとうございます
しかも鯛・・・すごいです。

猫ちゃんの呟き お見事です。

QRコード