罪な花

私、桜は罪な奴だと思っております。 桜は咲くまでは散々気を持たせておいて、満開になったその時から散り始め、 その姿を見せては心をかき乱す。 春の嵐や長雨があれば、花を気にかけ少しでも長くと願うのに、 そんなことはお構いなしに散ってしまうんですから。 なのに、どうして桜を待ってしまうんでしょうね。 桜ほど、人の心をかき乱す花は無いでしょうに。     花筏西の海までま…

続きを読む

桜の季節

結局のところ、今年の桜は早かったのか遅かったのか・・・。 桜は散り際も美しく、そして儚い印象があるけれど、 先日の暴風も何のその、意外に花は残っていました。 散り時でないと花を散らさない桜の意地が感じられるような気もします。 先週の暴風を耐えた桜たちも、さすがに葉っぱが目立ってきて、 花もこの休日で散ってしまいそうです。 いつものウォーキングコースに、昭和62…

続きを読む

沈丁花

私が春が来たなぁって、心から思うのは沈丁花の香りが漂い始めてからです 秋の金木犀と同じように、香りで季節が変わってゆくのを感じさせてくれます。 冬が苦手な私には沈丁花の花が咲いているのを見つけると嬉しくなります。 渋い花ですが春の訪れを告知する効果は絶大です。 1週間も降り続いた雨のあとの香りたるや・・・。 (トイレの芳香剤みたいな香りだなん…

続きを読む

入試の思い出 ~ウィンナー事件~

町中に若い子があふれている そうか、高校生はもう卒業式があったんだな・・・と気が付きました。 田舎で歩いている子と言えば、高校生以下の運転免許を持っていない子たちです。 田舎では車がないとどうやって通勤するつもりかと心配され、就職もままなりません。 現に私も免許はあるけど車が無い就活中に、 電車を乗り継いで面接に来たと知られるや、 「採用されたらど…

続きを読む

東風吹いた?でも梅咲いた

3月3日にして我が家の庭の梅が咲きそろいました。 昨年も遅い開花でしたが、その前の年まではバレンタインデーの頃には満開になっていた はずです。 今年は県内のあちこちの梅の名所でも「梅まつり」を延期してしまう所もありましたが、 今週末は見ごろかもしれません。(と言っても天気の都合がなんや怪しい・・・) 春の兆しというのを感じると、とにかく気分か上向いてきます{%春webr…

続きを読む

花屋は春

先どりの花屋の軒に風の花   末摘花今年の寒さについての句 季節を咲きゆく花屋の花は彩り豊かで春になっています。 彩りだけでなく、生気にあふれた香りがしています。 そんな花の香りをめいっぱい吸い込んでしまいます。 グリーンジャンボを当てるだけの運気を授かりたくて。 有名な寺院で焚かれる香とか線香の煙をめいっぱい浴びるのと似た心境。 それにしても寒いです。 花…

続きを読む

今年も色気なく・・・

今年もバレンタインデーに色気がなく・・・ 父にビールをプレゼントするだけになりました。 それでは昨年と同じになるので、色をつけてみました。 今日発売のグリーンジャンボ宝くじ。 父に連番で3枚つけました。 1等前後賞5億円がこれでゲットできるかもしれません。 お返しは25%でいいので・・・。 色気なく 夢だけジャンボ バレン…

続きを読む

明日はバレンタインデーです

春チョコの粒の煌めく宝箱   (はるちょこの つぶのきらめく たからばこ)  末摘花心の俳句 6歳の姪っ子から父宛にバレンタインデーのチョコが届きました。 チョコを溶かしてハートの型に入れて固め、上に飾りを施したチョコレートの1つ1つの 可愛らしい包み紙はキラキラして見えました。 「じーじのために作った特別なチョコがあるから探してみて」 と、姪っ子が言っていたので…

続きを読む

純真オオデマリ

オオデマリの花言葉は「私は誓います」、「約束を守って」だそうです。 「私は誓います」・・・と言えば・・・友人が結婚することになりました。 おめでたい事なのに、心がざわざわするっ! こんなことでざわざわするなんて・・・。どうしたらいいんでしょう。 「自分のペースで」と言われても、ざわざわする・・・。ざわざわ・・・ざわざわ・・・。 (『ざわわ・・…

続きを読む

余計な事を教える

八重桜の花言葉は「理知に富んだ教育」だそうです。 やっちゃいけないと分かっていても、ついつい余計な事を言っちゃう私 愛媛から来た姪っ子が、テレビに映るパンダを見て、 「パンダ可愛いなぁ~。見に行きたいよ」 と、連れてきた猫に語りかけていました。 それを見ていて、つい悪戯心がわいてしまった私・・・。 「あのパンダの中にはねぇ、人が入っ…

続きを読む

ささやかな抵抗

あっという間に夏のような暑さがやってきました。 春はなんと短いことよ・・・。 東日本大震災の義援金を私の住んでいる地域でも集めようと言う事になりました。 職場やお店、個人的に寄付をしている人もいますが、高齢者が多い地域ですので、 なかなかそういう場所に足を運べない、寄付する時の振り込み方が分からないなどありまして、 町内で集めてみてはどうだろうか・・・。という話になりました…

続きを読む

春の愁い

春は夕暮れが好きです。 桜の色もかろうじて分かるくらいの夕暮れ時。 ほんのり街灯が灯る頃。 日が長くなって寒さが緩んで、昼間に開け放たれた窓を閉め忘れた家の中から、テレビの音や話し声が聞こえてくると、春になったんだなぁ・・・と思います。 日が長くなり、暖かくなってきてはいるものの、春は物思いをする季節のような気もします。 新しい生活への変化などで期待半面、不安もあったり…

続きを読む

猫の寝相

春らしく、花々が輝くように咲いている日が続いています。 我が家ではパンジーを栽培しているので、今の時期に咲いている殆どの花は、 秋に植えたパンジーです。 プランターに植えて飾っていますが、そのプランターに異変が!!! 玄関へ続く石段に一列に並べている鉢がいつも1個だけ動かされています。 なぜか下から2段目の鉢ばかりいつも何者かが動かしているのです。 その犯人の正体…

続きを読む

桜咲く

今年は春が遠い。 春が来るのを待っていたら、大きな地震のニュースを毎日のように見るようになり、 涙もろくなるというのでしょうか・・・。 些細な事で涙が出そうになります。 なんでもない歌を聞いただけで泣きそうになることも・・・。 私は大きな地震を体験した事がないのですが、年のせいかな(?)涙もろくなっちゃって・・・ そ…

続きを読む

お米の重さ

夕方、横浜の叔母から電話がかかってきました。 お米が残り4日分しかないのに買う事が出来ないので送ってほしいとのこと。 叔母の話によると関東ではお米やら乾電池やカップ麺が品薄だと言う。 お米を買いたくても買う事が出来ないと叔母が言うので、夕方、米一俵を馴染みのコイン精米機まで 運んでいくと、精米所が大混雑。 大混雑と言っても日頃行っても誰とも会わない事が多いのに、 今日は数人のお客…

続きを読む

ひな祭りなのに寒い寒い~ 早く春らしくなって欲しいです。 我が家の梅は昨年よりもひと月も遅れて今が盛り。 昨日までの暖かさもあって梅の香りが立ち上るように充満しています。 梅の花言葉は「高潔」「上品」「忍耐」「忠実」「独立」「厳しい美しさ」 夕暮れ時に花の香りが漂っている事もあります。 薄暗くなった頃に香りが残っているのって、…

続きを読む

春の猫

ここ2~3日、とてもいい日和です。 庭のネコヤナギも春らしくなっています。 今の時期だけ、庭にネコヤナギがあったのだなぁ・・・と思います。 ネコヤナギらしさは短い期間なのですが、これを見ると 「春だ~」と、心が軽くなります 花言葉は「自由」「努力が報われる」「親切」「思いのまま」。 そう言えば、隣の家の猫くんも毎晩、…

続きを読む

蕗の薹

今年の春はまだ遠い感じがします。 庭の梅も2週間以上は遅れていて、まだ2分咲きというくらいで、頼りないように数輪が開いているだけ。 玄関前の馬酔木も咲く気配もない・・・。 例年なら梅はとっくに咲いているし、三椏も沈丁花も匂いを起こす頃なのに今年は 春が遠い。 寒さが苦手な私には夏のうだる暑さが懐かしく感じてしまう。 そんな事を思いながら寒さに耐えて下を向いていると・・・ …

続きを読む

カンパニュラ・ペルシシフォリア

カンパニュラはみんな釣鐘型の花だと思って育てていたけれど、 我が家の花は釣鐘型の花ではない種類でした。 カンパニュラ・ペルシシフォリアは桔梗のような形の花でした。 紫色だともっと桔梗ににているような・・・。 カンパニュラを昨年の秋にたくさん植えこんだのに、咲いたのはたった4本。 この花は実は冬の寒さにさらされないと花が咲きにくいのだそうです。 (チューチッ…

続きを読む

めぐりあひて・・・

めぐりあひて 見しやそれとも 分かぬまに 雲がくれにし 夜半の月影   紫式部 (幾年ぶりにめぐりあって、ああ、あの面輪はあの方では・・・なつかしさに胸おどらせる私をおいて早々と雲の中に隠れてしまった 夜半の月 童のともだち)  参照:大岡信『百人一首』 世界文化社 こんな歌のようなことが先日ありました。 母の日の買い物を済ませて、デパートの入り口にいると、「○○さ~ん」という私の…

続きを読む

ジャーマンアイリス

今日は「こどもの日」。 我が家にも4日まで、松山の姪っ子が滞在していました。 どこかに連れて行ってあげようと思い、家族で鹿児島の平川動物園を目指しましたが、 動物園までは大渋滞。覚悟はしていましたが・・・。 あまりに車が動かない上に、姪っ子と父が「トイレに行きたい~」と訴えるため、 渋滞の列から一時離脱。 再び別のルートから動物園にアタックを試みますが、全然動かない。 何時間右…

続きを読む

藤の花

藤の花の季節になりました。 藤の花と言うと私にはちょっぴり怖い花の印象があります。 藤が家中を覆っているお宅の「幸せではない」話を見聞きしているからでしょうか。 藤棚を綺麗に作っているお宅ではなくて、藤の気の向くままに茂らせているお宅は ちょっと不幸な話を聞きます。 (私に限っての話なんですけど) 藤はきちんと棚を作ってコントロールしつつ育てるのがいいかもしれません。 …

続きを読む

オダマキソウとふるさとの花

庭に(西洋)オダマキソウの花が今年も咲いてくれました。 オダマキソウには妖精が似合いそうな雰囲気があると思うのは私だけかなぁ・・・。 見ているとメルヘンな気分になってしまいます。 オダマキソウの花言葉は、「必ず手に入る」 「愚か」 「断固として勝つ」。 その中でも紫のオダマキソウは「勝利への決意」 「捨てられた恋人」という花言葉もあるそうです。 色によっても花言…

続きを読む

ミラクルリーフの花

2年ぶりにミラクルリーフ(セイロンベンケイソウ)の花が咲きました。 毎年は咲かない不思議な植物ミラクルリーフに出会ったのはもう8年前のこと。 鹿児島の天文館の雑貨屋で一目ぼれして買ってしまいました。 その時は、一枚の葉っぱだったのに、育てているうちにだんだんと背が伸びて、私の背丈を 追い越し、些細なことで落ちる葉っぱからは次々と仲間が増えて繁殖力の…

続きを読む

咲きほこる紫花菜(ムラサキハナナ)

今日、近所の八百屋さんやスーパーに自分の育てた野菜の苗が並んでいるのを見ました。 地元の大きくもない青果市場に出荷したので、私の生活圏内の商店に並ぶのは確かなのですが、 今まで自分の育てたものが売られているのを見た事がありませんでした。 今回、自分の育てたものだと分かったのは、野菜の特徴を書いたポップをつけていたからです。 自分で作成した完全オリジナルのポップ。 書店の本を見て…

続きを読む

庭梅

春は沢山の花が咲きます。 桜か梅の様にみえますがニワウメの花です。 ニワウメは「はねず(唐様花)」と言って、万葉集にも登場する花です。 バラ科の花で花言葉は「願望」、「貴び」です。 3月の半ばに咲いた花でしたが、咲いた頃に長雨や雪が舞う寒さで、あっという間に色が変わって散って しまいました。 万葉集では、はねず色に染めた衣類は色落ちしやすいことから移ろ…

続きを読む

源氏物語 ~花宴~

夕方、ウォーキングの途中で見た桜の花の間に月が見えました。 朧月ではないけれど、月と桜が一緒に見られました。 朧月夜と言えば、私の大好きな源氏物語にも同じ名前の姫が登場します。 朧月夜の君は源氏の君の政敵である右大臣家の六の君です。 そして、弘徽殿(こきでん)女御の妹でもあります。 弘徽殿女御は源氏の君の母親の桐壷をイジメたおしていた女性で、病弱だった桐…

続きを読む

すさまじきもの(=期待はずれでしらけてしまうもの)

すさまじきもの。久しく便りなき同級生の男の便り。 (『枕草子』風にに言うと、期待はずれでがっかりするもの(しらけるもの)。 久しぶり会った同級生が「今週、暇があるか」と聞いてきたので、楽しい事があるのかと思いきや、 出かけてみれば保険の勧誘であったこと。 この春の人事異動で保険業務に異動したらしい。 飲み会の風にして友達を誘って行ってみれば、保険の大切さをいきなり切り出す始末。 …

続きを読む

今年の桜

今日、宮崎では桜が開花したと発表されました。 桜の開花を聞くと、麗らかな春到来という感じがして嬉しくなります。 どんなご時世であれ、長閑に花を見ることができることに感謝せねば・・・。なんて、思ったりして。 今日、開花を発表したと言うことは、宮崎市の標本の桜の木はまだ5~6輪程度なのでしょうか。 私のたま~にしか歩かなくなった、ウォーキングコースの川沿いの道の桜の木には、 木…

続きを読む

木蓮の花

庭に出て木蓮を見ていたら後ろに見知らぬ男が立っていました リュックを背負った中年男性で身なりはきちんとしているけれど、堂々と人の家の庭に かなり入り込んでいるので驚きました。 その男性は、葉が一枚もついていない、見た目は枯れ木のムラサキシキブを指差して、 「この木はよく見る花だよね」と、フレンドリーに話しかけてきました。 よく見るといっても今の季…

続きを読む

過去ログ

QRコード