植木鉢農園・プチ農園

今年は野菜が高値になると言われ野菜苗を栽培してみたけれど、 今となっては野菜の値段も落ち着いているようです。 一時期は白菜ひと玉600円だと言われていましたが、白菜もキャベツも大根も スーパーでは100円以下になっていることもあります。 需要もあって供給もあって右肩上がりに価格が上がれば言うことなしなのですが、 そんな話はなかなかありませんね。 どこかで「園芸バブル」なんてことが…

続きを読む

実らぬトマトも・・・実った!

今年のトマトはなかなか実りません。 暑さのせいなのか、世話をサボりがちだってせいで、トマトがやさぐれてしまったのかしら・・・。 花も少なく、実を結んでいるのもちらほら。 例年はトマトの尻が腐れる病になりながらも、バケツ一杯のミニトマトを収穫する日もあったのに 今年は「尻腐れ」の病も1つ見られた時点で運よく気が付き、ブログでお世話になっている 皆さ…

続きを読む

でっかいピーマンの初収穫

でっかい、ピーマンを収穫する事ができました スィートロングという品種のピーマンでパプリカと言った方がいかもしれません。 赤くなってから収穫する品種です。(緑のままでもいいのかもしれないけど) パプリカの栽培に何度かチャレンジしましたが、気が短い私は赤い色が付くのが待ちきれない。 いつもなら、「ええいっ!もういいわ!緑のままでピーマンとして食べる…

続きを読む

プチ植林

2年前に山の家(父の実家)の庭で芽を出していた紅葉の芽を育てていました (2年前のブログ記事は→こちら) 植林できそうなくらいの大きさになったようです。 本当は盆栽を作ってみようかとも思っていたのですが、 伸ばし放題だったので、盆栽にはなりそうにないので山の家のまわりに植えることにしました。 昔、キャベツ畑で、今は園芸用の土を消毒す…

続きを読む

チャラく見せる方法

いつもはお弁当でのお昼ごはんですが、今朝はどうしても作る事が出来なかったので、ファミレスに行きました。 テスト期間中なのでしょうか、帰宅が早い高校生の姿も見られました。 私達の隣の席には、女子高校生のトリオが座っていました。 ドリンクバーの元が十分に取れているであろうくらいの、カップやグラスがテーブルに並んでおりました 3人組さんは、ワイワイと騒がしく…

続きを読む

トマト大暴れ!!

白状しますと、最近、トマトの世話を怠っておりました 忙しいというか、ひどい雨でハウスまで行くのが大変だなぁというのが理由です。 (忙しいったって、ハウスに行って数分も見る時間もないほど激務だったのかと言うと、 そうじゃないんですけど・・・ 雨もひどいけど、面倒を見始めたら最後まで面倒を見るのが責任ってもんだ! と言わ…

続きを読む

チョコレートコスモス

チョコレートコスモスは、ほのかにココアのような香りがします。 花言葉は「恋の思い出」、「恋の終わり」。 少し前まで大好きで、今でも少しは好きな人が、とっくに過ぎた誕生日に「おめでとう」メールをくれた。 以前は誕生日のメールも夜遅い時間のメールもすごく心待ちにしていて、 忘れられていたら悲しい思いをしたけれど、 今年はどういうわけか彼の存在を忘れてました。 「そう言えば…

続きを読む

咲き始めたプリムラ

秋に我が家でメインに栽培している花の一つプリムラ。 “ジュリアン”という種類で早咲きのポニーとか言うのを育てています。 ジュリアンの花の色はさまざまです。 ジュリアンの花言葉は「青春の喜びと悲しみ」。 この3枚の写真の種は同じ種の袋から出たものです。 他にも赤系の色が出たりもします。 「シルキー」という種類のプリムラ。 …

続きを読む

皇帝ダリア

ここ数年、11月になると「皇帝ダリア」が咲いているのをよく見かける。 皇帝ダリア(別名:木立ダリア)は、ダリアの仲間らしいけれど、背がとても高くて3m~6mにもなる。 節のある茎が太く空に向かって伸びて、そのてっぺんに花を付ける。 花言葉は「華麗」、「乙女の真心」など色々あるけれど、私には動物の「キリンさん」のようなイメージの花。 「皇帝」とつくと、ローマの皇帝よりも…

続きを読む

プリムラ・ジュリアン

秋の毎週日曜日の我が家は花の出荷で忙しいです。 パンジーやビオラ、プリムラ・ジュリアンの最盛期だからです。 特に、プリムラ・ジュリアンの出荷は、久留米、福岡、北九州に出荷が集中する日曜日は忙しい。 3か所に出荷するのでそれなりの数を送るのだが、それでも間に合わないほどの花が毎日 咲いている。 プリムラ・ジュリアンと1つの名前ではあるけれど、色はさまざまで表情豊か。 我…

続きを読む

ノースポール

11月になると花壇の夏の花々もずいぶん疲れてきたように見える。 そろそろの植え替えの頃かなぁ・・・。 道路に面した西側の花壇は、秋になるとパンジーかビオラを植えるのが定番。 前2列にパンジーまたはビオラ。 後ろ3列目には、翌年の初夏に植えかるまでに咲く、ルピナスやベロニカ、オダマキソウ、 チューリップの球根などを植えておく。 今年はノースポールの花を数年ぶりに栽培したので、ノ…

続きを読む

針の足、針の風船

針の足だ~!! こんな足だったら、炬燵に入って他の人の足とぶつかったら大変。 好きな人と寝ていて足が冷たくても温めてもらえないかも・・・。 (いやいやこれで温めてもらえたら結構な愛があるかも・・・って思ったりして) ストッキングを履くのは無理よねぇ・・・。靴下も履くのは難しそうだし。 棘がなくなるまで仕事にいけないなぁ・・・。 サボテンの花言葉…

続きを読む

山の花畑

今年は山の畑の花がどうも早く咲き過ぎたらしい。 我が家の山にある花の農園(詳しくはこちら)ではパンジーの仲間のビオラがほぼ満開。 他の農家の畑でも早く花がついて困っている様子。 お隣さんのハウスではシクラメンが咲き過ぎて、今頃、出荷したら安値になるかもと心配していた。 我が家でも同じ心配。 いつもは10月に入ってから出荷するものがもう満開。 いま出荷しても値段がちゃんと付…

続きを読む

ななな、なんでだろう~ (古い!)

今日、収穫したトマト。 日々収量も少なくなり、夏が終わっていくのだなぁ・・・。 それにしてもなんでだろう・・・ クリーム色のトマトの「ピュア・クリーム」の生育が今年は悪い。 実がつくには付くのだけど、成長し完熟しようとする過程で先端の方から痛んでくる。 こんな風に先が黒くなって腐るので撤去すると、今年はこのクリーム色のトマトを わず…

続きを読む

おしろいばな

庭に咲く夏の花と言えばわが家は「おしろいばな」かな。 おしろい花の模様は、カラフルなワンピースみたいな模様。 小さい頃は妹とこの花を摘んで、お人形さんごっこのような遊びをしていたっけ。 花の模様が様々だから、舞踏会ごっこみたいなストーリーで遊んでいた。 おしろいばなの花言葉は、「内気」「臆病」「私は恋を疑う」という何とも儚げな言葉。 この花が夕方に咲いて朝にはし…

続きを読む

難しい判断

スイカの花言葉は「かさばったもの」だそうだ。 ずっしりとして重量感があるので、かさばっちゃうと言えばそうかもしれないけど、 すいかをかさばるものって、ふつうは言わないような気がする。 バッグにいれたらそりゃ~かさばるってレベルの重さと大きさじゃないと思う。 単純に重いと思う。 スイカを選ぶ時に叩いて判断する定番の姿。 よく見るポーズなのだけど、一体、何がどうだと良いの…

続きを読む

ルドベキア

ルドベキアの花言葉は、「公平」「正義」「正しい選択」。 「正義」と言えば、今放送中の大河ドラマ「天地人」。 ドラマを見ていると「正義」とか「義」貫いて生きるってとっても大変だなぁと思う。 貫く裏にはものすごい葛藤があるわけで、他の意見もその立場では「義」なのだ・・・と いう場合があるともう悩ましいことこの上なし。 苦悩の苦悩の真っただ中で選択したという決断なのかもしれない。 …

続きを読む

胡瓜ツリー 

ぎっくり腰で1週間以上、植木鉢菜園の様子を見ることができなかった。 家族が面倒を見てくれているので心配はしていないけど、かなり成長して、 実をつけているのではないかと思うと楽しみで、リハビリがてら歩いてビニールハウスに 行ってみた。 キュウリも結構大きくなっている。 普通ならネットなどに蔓を這わせていくのだろうけど、ネットを張るのが面倒なので、 河原に生えていた竹(七夕の…

続きを読む

百合のような・・・

立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花 すっごい美人をたとえるこの言葉。確かに、人をヒマワリとかタンポポのような花には 例えることはあっても、芍薬・牡丹・百合に例えるのはそうそうないような気がする。 とびっきりの美人でなくっちゃ例えられないかも。 私の勝手な思い込みだけど、百合に例えられるんなら外見も内面もすぐれてなきゃ例えちゃ いけないような気がする。 少し前…

続きを読む

木立ベゴニア

今年も木立ベゴニアの見頃の季節。 鉢植えの木立ベゴニアが枝を広げて見事な花をつけてくれるようになった ここ数年のわが家の玄関は、木立ベゴニアに飾ってもらっている。 木立ベゴニアの花言葉は「親切」、「つり合いがよい」。 20代初めの頃私は「親切」が分からなくなってしまった。 不況の中、職員の給与が抑えられていのに、即戦力にもならない上に、不採算部門の 職員として…

続きを読む

伸びんとす

今は植物の伸び時なんですね。 伸びられる時にたくさん伸びて、 伸びない時は伸びない。 高校の時に草のことを書いた詩がありました。 われは草なり 伸びんとす 伸びられる時 伸びんとす 伸びられぬ日は 伸びぬなり 伸びられる日は 伸びるなり と言うので始まる詩だけど、当時とても生きる気力というのを感じました。 草の命をきちんと生きる!って感じがして生き生きした。 …

続きを読む

雨待ち中です…

今日と明日は雨の予報がでていたので、花壇やらプランターの花の 植え替えをすることにしました。 お日さまの光は大変ありがたいのですけど、さすがにこう乾燥の日々が 続くと、水道代などを考えると花たちも水をもらうのも大変。 夜にザザザーーーーッと都合よく降ってくれるとありがたいけれど、 現実はそうはいきません。 家庭菜園をしている家も、「水がなくて枯れた・・・」と言っている所もあります。 …

続きを読む

ルピナスと野苺

わが家のルピナスがやっと咲きました。 今まで何度も植えていたけどなかなか花が咲かずにいましたが 今回ようやく咲きました。 別名を昇り藤というだけあって、藤が逆さになったような花ですね。 ルピナスの花言葉は、「貧欲」、「欲深い心」、「空想」、「母性愛」、「いつも幸せ」、 「あなたは私の心に安らぎを与える」。 ひとつ花に花言葉がたくさんあるのも不思議だけど、良い言葉とあまりよろし…

続きを読む

白花づくし

この頃のウォーキングコースは白い花が目立ちます。 けれど、野ばら以外の名前が分からないのが残念。 これは何の花なのかな? いわゆる「卯の花」と呼ばれるものなのかな? この花もなんというのだろう。 藪に咲いてよく見る花だけど、何と言う名前かわかりません。 「卯の花」という言葉もよく聞くのですが、実物は分からず写真のような花 なのだろうかと思っています。 …

続きを読む

アヤメとアイリス

昨日、渋滞覚悟で出かけた疲れがまだとれず・・・ 大した距離ではないのに、雨が降り出し、渋滞に巻き込まれ 疲れを引きずりっぱなし。恐るべし渋滞の後遺症 今日は子供の日。 こどもの日と言えば、こいのぼりに鎧飾りの金太郎の印象。 花だとアヤメを思い浮かべる。 今年は移植したので咲かないかと思ったけれど、数本のアヤメが咲いていた。 アヤメ…

続きを読む

上手くならない・・・

ガーデニングをいろいろ試みてみるのだけど、 なかなか素敵な庭ができません。 とりあえず、家の西側の道路に面した花壇を手入れしていますが、 花はそれなりに咲いているのだけど、なんか上手くない 理想は「風のガーデン」風。 庭も狭いし、ズボラな性格で、なにが「風のガーデンだ」と思うけれど、 瑞々しさに溢れた庭にできないものか・・・ 花々が生き生きと…

続きを読む

粉粧楼

私は紫陽花が好きだ。 うっとおしい梅雨ではあるけれど、紫陽花の咲く季節でもあるので楽しみでもある。 だけど、紫陽花はこの時期にしか見られないのが残念。 (とは言うものの、年中見られる紫陽花と言うのも風情がなくなるからなぁ~) 紫陽花のほかに好きな花と言ってあげてしまうのが薔薇。 私自身、お世辞にも薔薇が似合う人間ではないのだけど、 オールドローズの愛らしい花と香りに魅了されてしま…

続きを読む

ガーデニング(2)

先日、植えたアゲラタムやメランポジュームがなんとか元気になってきました。 我が家で栽培した花なのですが、廃棄する事になりました・・・ 燃料費が高騰しているのに、出荷すると花は二束三文の値段が 付けられます。 我が家だけではなく、どこの家でもそのようで、園芸農家には厳しい時代です。 28本入りの1ケースの価格が100円でした!!!(泣) なのに店に並んでいる時はそれなり…

続きを読む

ガーデニング

連休の予定は特にないので、 庭やプランターの花を植え替えることにしました。 まずは、もう役目を終えたパンジーが植わっているプランターからとりかかる。 メランポジュームとアゲラタムを寄せ植えしました。 他にもサルビアを植えました。 秋の頃のパンジーが出回るまで咲いてくれる、花の時期が長いものを植えたいのですが、 梅雨に入って枯れたり、花が短いものが多いので、夏の花を…

続きを読む

過去ログ

QRコード