東霧島神社

今年こそは早めの初詣を!! と言うことで、東霧島神社(つまきりしまじんじゃ)を参拝しました。 東と書いて「つま」と呼ぶ東霧島神社。 最近では、少し前にアニメ「サザエさん」のオープニングに登場していました。    入り口には赤鬼が鎮座しています。 この赤鬼にはちょっとしたエピソードがあります。 この地域の豪族で鬼のような奴が、悪の限りをつくしていました。 その鬼は、…

続きを読む

蒲生の大楠 山田の凱旋門

通るたびに気になっていた、「蒲生の大楠」に行くことができました。 2年ほど前だったか、鹿児島銀行の鹿児島向けのカレンダーに大楠が掲載されていました。 「根ざす」なんて言うキャッチコピーが付けられていて。 こんなに大きな木が近くにあるのなら一度は見ておこうと思いつつ、2年以上たった次第 (1年って早く流れてしまうものですね・・・なんてね)…

続きを読む

曽木の滝

この夏、曽木の滝に20年(30年ぶり?)に行ってきました。 我が家の前には川内川(せんだいがわ)が流れています。 川内川は熊本県の白髪岳辺りに源流があるとされ、九州で2番目に大きな河川だそうです。 我が家の数十メートル先に流れている川幅は、上流部だというのに、結構な川幅があり、 市内を西へと流れ、鹿児島県に入り東シナ海に流れています。 宮崎の川は、殆どが日向灘(太平洋側)に…

続きを読む

旅に出るまで

年を取ってしまったせいか、つまらぬことに対してのみ完全主義のせいなのか、 近年、我が家では旅に出るまでが大騒動。 私のように、「日本であれば、現金3千円となにがしかのカードが1枚あればなんとかなる」と、 申し込んだ旅行であれば、とりあえず財布に2~3千円だけ入れて、 現地まで飛んでいけば、あとは足りなくなれば、どこかしらにATMがあるしクレジットカードも使えるし。 と思えればよ…

続きを読む

伊勢えび祭り2015

2年ぶりに我が家の秋の恒例行事「伊勢えび祭り」を開催しました。 いつもは県南のお店で伊勢えび料理を楽しんでいるのですが、今回は初の県北進出です。 東九州道も開通して、県北が近くなったので日向市のお店に行ってきました。 初の県北の店でしたが、結果を言いますと残念な気持ちでした。 通された部屋にはすでに魚の料理がスタンバイされていて、 イ…

続きを読む

道の駅めぐり ~通潤橋~

四国でお遍路をしようにも、根性と予算がないので、道の駅めぐりをしてスタンプを集めようと思い立ったのが正月。 スタンプを集める為に作った手帳には、近所の道の駅のスタンプが1つしか押されていない・・・ お気に入りのスナフキンのノートを使ってしまったので、なんとしても押しまくってスタンプだらけにしてやりたい。 そんな訳で道の駅を求めて小旅行へ出かけました。 …

続きを読む

長島紀行 (その2・鹿児島県)

食事をした道の駅から、島の入り口の黒之瀬戸大橋まで戻ることにしました。 黒之瀬戸大橋のすぐそばにある道の駅「黒之瀬だんだん市場」に寄りました。 道の駅の上の丘に「うずしおパーク」という公園があり、海峡に架かる橋や海峡に出来るうず潮を見ることができます。 手前が長島、奥の方が阿久根市の方です。 狭い海峡のようですが流れが早いのかうず潮が時々見られます。 …

続きを読む

長島紀行 (鹿児島県 その1)

近年、『男はつらいよ』の面白さが分かる様になってきました。 面白さが分かると同時に、寅さんの哀しさが若干分かる様になってきました。 20代の頃までは、さくらやおいちゃん側でしたけど。 そう言うわけで、ぷら~っと風に任せて出掛けてきました。 計画性が無い私でも、無計画な遠出はしたことはなし。 でも年明け早々、そんな気分になってしまう事があり、仕事で知り合った人が、30年近くぶりに…

続きを読む

雲仙・島原紀行 ~島原城とお土産~

雲仙の地獄を脱出した私達は島原城を見学。 数年前、「歴女」と言う言葉が流行りましたが、私も歴史が好きではあります。 歴女とは違って、主観で誰それがファンだと言う事はありませんけれど・・・。 島原城の周りには、甲冑だか戦支度をしたお嬢さん方が、歴史マニアたちと 写真撮影したり、鎧を着せてくれたりのサービスをしてくれていました。 島原と言えば「島原の乱」。 江戸の…

続きを読む

雲仙・島原紀行 ~雲仙地獄とお城~

翌朝、ホテルを出る前に地獄めぐりをしてきました。 大分の勢いの良い地獄とは異なり、雲仙の地獄は小ぢんまりとした地獄。 中には休みなのか営業しているのかよくわからない地獄もありました。 邪見地獄と呼ばれる一体の風景。 邪見とは人を妬み醜い心・・・ この温泉のお湯を飲むと、夫婦間や友達間で生じた嫉妬心による不和を解消してくれるそうです。 しかし、この…

続きを読む

雲仙・島原紀行~普賢岳と鮑の味~

せっかくなので普賢岳をもっと身近に感じてきました。    テレビや新聞で見ていた普賢岳は大きい怖い山という印象でしたが、 日頃から霧島連山を見慣れているせいか、思ったよりこじんまりとした印象。 この山が、あの甚大な被害を出した山とは・・・ 仁田峠の展望所から普賢岳を撮影。(溶岩尖塔と呼ばれるものらしい・・・?) その日は老人会らしき御一…

続きを読む

雲仙・島原紀行 ~普賢岳の脅威を学ぶ~

雲仙・普賢岳を見たらぜひ行ってみたい所がありました。 「道の駅・みずなし本陣」には、普賢岳の噴火の際に起った 土石流被害を留めた記念館があります。 当時、中学生くらいだった私は、毎日の新聞やニュースで普賢岳の 噴火を目にしていました。 2011年に噴火した宮崎・鹿児島の新燃岳とは異なり、多数の人的被害、家屋の被害も 大きかったのです。 恐ろしい火砕流からの難…

続きを読む

雲仙・島原紀行 ~対岸をめざして~

旅行の予定を立てると、キャンセル料を払うばかりの状態の我が家でしたが、 ようやく家族旅行が実現しました 今回は1泊で雲仙へ行って参りました。 出かける前から、何も起こらないようにと願うばかりの我が家。 夏休み前の平日を狙って旅館の予約もギリギリまで我慢して、当日の深夜に予約を入れるという 念の入れよう。 7年前の大分の高級旅館を当日キャンセルして、泊まっ…

続きを読む

長崎土産

長崎のお土産に文明堂のカステラを買いました。 長崎は宮崎より暑く感じたので、お土産を持ち歩くのも心配だったので、宅急便で家に送ったところ、 私より1日早く到着したようで、帰宅した時にはもう家族のお腹におさまっていました。 昔の人は何日も何カ月もかかって運んでたんでしょうけど、今じゃ翌日には届いています。 昔より日本は狭くなりましたねぇ~ 文明堂のカステラの…

続きを読む

花かごしま2011 ~薔薇と女性たち~

花かごしま2011の目玉の一つが『篤姫ローズ』です 『篤姫ローズ』は篤姫をイメージして作られた薔薇です。 専門家の間でも、「篤姫の赤い打掛を思わせる鮮やかな赤で、情熱的で芯の強い薩摩おごじょ「篤姫」に ふさわしいとの評価があったそうです。 大河ドラマの「篤姫」も赤っぽい着物をお召しになっていた気がします。 …

続きを読む

花かごしま2011

この前の休日に間もなく閉会する『花かごしま2011』に行って参りました。 会場の吉野公園に行くのも小学生の時ぶりでしょうか・・・。 間もなく閉会になるのですが、会場は甘い花の香りがあふれていました。 (私の推定ではペチュニアの花の香りが一番しているような・・・) それに、スタッフのみなさんが新しい花を植栽したり、手入れをしたりと、最後の日まで 手を抜かず美しい花を見せて下さ…

続きを読む

青島をさるく

今年の初詣はいつもと違う所の神様の所に行ってみようと言うことで、青島神社に行ってきました 青島神社に行ったのは、もう20年以上前ではないかと思われます。 (小学生くらいだったような・・・。) 青島に行くと海岸までの間に歩く人を撮影しては、やや割高の値段で「旅の思い出」だと言って売っている カメラマンが私の記憶にありますが、いまだその商売も健在でした。…

続きを読む

伊勢えび祭りに行く2010

今年も我が家の恒例行事、「伊勢えびを食べにく」をいたしました 特に家族で旅行をするわけでもなく。 ギャンブルが趣味でもなく・・・。金のかかる趣味すらもたない質素倹約の我が家で ございますが、伊勢えびを食べに行く行事を11月にしています。 出かけた先は今年も宮崎県日南市 例によって予約などせずに出かけてきました。(予約をす…

続きを読む

大濠公園をさるく ~シアトル美術館所蔵 日本・東洋美術名品展~

妹達をネイルの試験会場に引率して行ったわけですが、同じ方向に進むギャル達の多いこと 私の道案内など不要。みんな同じ目的で進んでいるのだから。 受験者達は赤いマニュキアを爪に塗られたモデル役を連れて歩いているのですぐ分かる。 みんな痩せすぎるほど痩せていて、ハイヒールをカッコン・カッコン言わせて歩いています。 それにしてもギャ…

続きを読む

博多をさるく ~博多マジックの巻~

この連休は博多に妹達と行ってきました。 ネイルアートが趣味の妹が、ネイルの認定試験を受けてみようと思い立ち、 試験にはモデルになってくれる人が必要と言う訳で一緒に行ってきたのです。 モデルと言っても、爪の切り方などの基本的な試験なので爪を切って手入れをしてもらう事がメイン。 まだアートの段階ではないランクの試験です。 私は自分の手に塗るマニキュアやリムーバーの匂い、爪をのばしておく…

続きを読む

かのやばら園をさるく ~その2:バラを食べる~

園内はバラの香りが満ちています。 ここで、このバラ園のレストランのメニューを紹介。 園内のレストランのメニューはほぼカレーです。 私はバラを使った『薔薇カレー』を食べました。 『薔薇カレー』はピンクのカレーです 見た目は「ええええええ!!」と言う感じの色ですね 味は、意外に普通のカレー味{%カレーラ…

続きを読む

かのやばら園をさるく ~その1:バラに癒されに・・・~

ここ最近、「バラが欲しい」と思って過ごしていた私。 今日は鹿児島県鹿屋市の「かのやばら園」に行ってきました。 車にカーナビがあっても困るまで使わない私。 (なぜなら、標識を手掛かりに進んで目的つについた時に達成感があるから) 今回も例のごとくナビなど使わず目指す事にしたのですが、 出かける前から私の脳内カーナビはすでに間違いの 方向に設定されていました。 鹿屋市の位置そ…

続きを読む

飫肥の歴史と夢の告げと…。~宮崎県日南をさるく2~

伊勢えびをお腹いっぱい食べた後は、宮崎県の小京都・飫肥城あたりに行ってきました。 飫肥城をめぐっては、かなり昔に島津氏と伊東氏の覇権争いをしていたようです。 私の住んでいる町は、九州の桶狭間の戦いと言われているらしい木崎原の合戦の地でした。 わずか300人の島津兵が侵攻してきた3千人の伊東軍を打ち破ったという話を元に、 毎年、イベントが開かれるくらいです。 その時は伊東氏はどう…

続きを読む

伊勢えびを食べに行く ~宮崎県・日南あたりをさるく1~

家族で伊勢えびを食べに行きました。 伊勢えびを食べに出かけるのはここ数年の我が家の恒例行事です。 この頃の私は疲れていました。 夜は九州の家には時々出る、掌くらいの巨大蜘蛛(本名:アシダカグモ)の夢にうなされたり、 本当に家に出たりで神経がすり減るここ数日。 だいたい、蜘蛛が夢に出たりすると、仕事でミスしたり、思い通りに行かなかったり、口内炎ができたり、 今みたいに目に「もの…

続きを読む

箱崎をさるく ~思い出とお土産~

今回の旅行のお土産。 九州国立博物館のキモ可愛い五臓六腑の虫の置物と、その虫たちについて書かれた『ハラノムシ』という本。 旅に出てわざわざなんでこれをチョイスしたんだ・・・。と言われかねないお土産。 実際、持ち帰って家族は微妙な顔をしていた。 家族はお菓子のお土産だけでいいと言うので、結局、私のコレクションとして部屋に置いてある。 左側の赤い六本足のヤツが「脾臓の悪虫」…

続きを読む

佐賀をさるく ~佐賀とシシリアンライスの歴史~

二日目、佐賀の朝は意外に早起き。 前日に、お酒を飲んで友達と遅くまで話していたわりには6時半に目が覚めました。 (ちなみに前日は「ハムスター裁判所佐賀支部」にて紹介されているお店に行きました) 佐賀には4年住んでいましたが、 私が住んでいた10年~14年ほど前は日本の中国か!と言うほど自転車王国でした。 アーケード街も通行人を避けたり、自転車を避けたりと人と自転車が行き交い、 …

続きを読む

大宰府をさるく ~阿修羅に会いに~

阿修羅展に行って参りました。 この日の九州国立博物館は3時間待ちの大盛況。 (あとで大宰府天満宮の方が仰ったが、まだ少ない方だとのこと。それだけ阿修羅に会いたい 人がたくさんいるのだなぁ・・・) 暑い中を老若男女、赤ちゃんを抱えたお母さんたちまでも虜にしている阿修羅展。 並ぶこと2時間余りでようやく阿修羅展の中に入ることができました。 黒木瞳さんの音声ガイドを聞きなが…

続きを読む

錦帯橋

この夏は岩国に法事に行った。 初めて行く岩国。 基地の町で、錦帯橋があって、広島にも近くて・・・と親戚から聞かされて いたので、宮崎と違って大都会なんだろうなぁ~と思っていたら、 そこまでなかった。 そりゃ~、宮崎のちょっとした市とは同じ規模の大きな町に見えましたよ。 私の住んでいる町は、何にもないところですから、岩国くらいの 町だと構えてしまうけど、想像していた大きさよりは小さか…

続きを読む

別府・鉄輪温泉の旅・・・

今年のお盆は岩国の親戚の法事に始まった。 湯布院に行くはずだったのだが、土壇場で岩国に行かねばならず、 泣く泣く湯布院をキャンセルした。 岩国から戻ったのだが、どうしてもすぐに別府に行かなくてはならなくなり、 お盆の真っ只中にいくつかのホテルをあたった。 土地勘が全くなので、某旅行雑誌で手ごろな値段のところで、 よさそうなところを電話をかけるが次々に断られる。 こんなお盆の時期…

続きを読む

水俣を行く

先週末、家族と水俣へ出かけた。 姪が滞在する間に思いで作りをしようと思っていたのだが、なんせ、我が家の 家族は出かける時になっても尻が重いので、本来、行くはずだった阿蘇には 行けない時間になってしまった。 結局、行き先は、以前、仕事で知った「F農園」 水俣に仕事に行った時に耳にしたこともあったし、同僚の熊本県民も 「F農園に行ってきたよ~」と言う人が多いものだから、きっと素敵な農…

続きを読む

過去ログ

QRコード