食べ物で平成を思う・・・。

「平成最後の日に食べたいもの」なんていう、アンケートの記事に目が留まりました。 最近、「これが食べたい!」と思うものが浮かばず、食事に苦慮している私。 今日の食事の参考にと思い、記事を読んでみました。 1位はお寿司 2位 焼肉 3位 和食 「和食」ってまたアバウトな・・・。懐石料理のことなのか、日常の食卓に上がる煮物とかなのか・・・? 「平成最後」とあって、普通の食…

続きを読む

遠慮は無用?~私の副業2018春~

野菜や花の苗を作り続けて数年が経過。 少しではあるけれど、ご近所さんには認知度が出てきたのか、 はたまた、近所のよしみで気を遣って下さっているのか、 私の苗を買いに来てくださる人もチラホラ現れてきました。 こういう時に困るのが価格設定です。 コスト分と利益として得るお金とを合わせて価格にするのですが、 目安がイマイチ分からない。 誰もが認めるプロの品とはまだ言い難い…

続きを読む

お恥ずかしながら・・・

間違ってはいないのだろうけど、言われた方は少しモヤッとする言葉をかけられました。 歯医者に定期メンテナンスに行きました。 新しく採用された女性がケアをしてくれることになり、歯の点検をしつつ、 「歯石がありますね。取ったほうがいいと思います」と、言うので、 もともと、そうするつもりだったので、施術をしてもらうことにしました。 すると、また口を覗いて、 「歯石がたくさんついて…

続きを読む

季節は進むが・・・

駆け抜けるスピーカーの声天高し 末摘花こころの俳句 市議会選&市長選挙が終わり静かな日常となりました。 選挙カーと遭遇するとなんだか気まずいので、それを理由に一週間、ウォーキングを休んでいました。 このままいけば、おそらくズルズルとサボり癖が付きそうになるのをこらえて、再び歩き始めました。 一週間、歩かなかったいつものウォーキングコースは…

続きを読む

やっぱり、人違いです

時々行く地鶏のお刺身を売っているお店で、私は人違いをされているようです。 時々と言っても、月に1度行くか行かないか・・・。 2~3回ある月もあるし、寄らないときは2か月以上行かないこともある、そんなお店の女将さんの知人に 間違われている模様。 最初は、2年前くらいに寄った時。 「わぁ、久しぶり! こっちに帰ってきていたの!」と女将さんが嬉しそうに言いました。 長い間、店に…

続きを読む

鹿ファミリー

山間にある集落で家庭菜園をしています。 最近は伸び放題の夏草を草刈り機で切るに大忙し。 山は鹿がはびこっているにも関わらずカヤが伸び放題。 草刈りだけで汗まみれです 集落の道を歩いていると、鉄の策で囲われていない畑(耕作放棄の畑)に、鹿のファミリーとおぼしき 群れが出てきていまし…

続きを読む

梅雨晴れ

梅雨晴れにムクゲの花の勢いもよいです。 梅雨入りから雨が降らず、水の心配をしていたけれど、 いざ雨が降り出して、5日もすると、「この雨いつまで続くんでしょうか~」って気分になるのは 人間の勝手ですね。 そして、今度は「この暑さいつまで続くんでしょうか?」とテレビでは早くもうんざりモードの発言が ありますが、まだ夏は序の口です。 9月まで猛烈に暑いでしょう・・・。 …

続きを読む

猫と沈丁花

沈丁花の花影にニャンの姿が・・・。 今年は桜が遅いけれど、私にとっての春の実感は沈丁花から。 まだ、桜の蕾が固くても、冷たい北風に乗って沈丁花の香りがしたら春が来たと嬉しくなります。 三椏の花も沈丁花と同じ仲間で、これも春を感じさせてくれる花です。 我が家には増えた三椏にミツバチなどが集まって来ると春を一層感じさせてくれます。 三椏の花影…

続きを読む

心にとまった言葉

ようやく年賀状も投函しました。 健康ではあるけれど、年々、億劫さに負けてとりかかりが遅くなりつつあります。 働きの悪いプリンターをリストラする事もできず、多少の不具合は御愛嬌と言い聞かせ、 受け取り手がまじまじと眺め、少々の色むらを気にすことがない様に願うばかり・・・。 今年は賀状欠礼の葉書が多く、親しい人への年賀状がぐっと減ってしまいました。 同居する祖父母の訃報を伝えるハガ…

続きを読む

窮すれば通ず

夏休みも終盤。 遊びに来ている姪は過ぎゆく夏を惜しんでいます。 長く休むと新学期が怖いものです。 怖いと言うか不安と言うか、乗り切れるだろうか・・・冬休みまで・・・。 運動が苦手なのに、運動系のイベントばかりあるし・・・。 これと言った大型連休もなさそうだし・・・。 何より、ぐうたら三昧だった日々が無くなるのが辛い・・・ などと、私が子供の頃に思っていたことをそのまま口にする姪…

続きを読む

新・ストレス解消法

ストレス解消にやりたかったことをやりに山へ 久しぶりのわずかな日差しに、山の家庭菜園の茄子は大喜びしているようです 昨年は収穫途中にイノシシに荒らされてしまいましたが、今年はそんなことがない様に願うばかり。 一応、冬に集落の田畑を金網で囲う作業がありましたが、どういうわけかイノシシが侵入している ようです。 至るとこ…

続きを読む

大ピンチ

今週、想定外のアクシデントで大ピンチに陥ってしまいました。 梅雨の中休みで晴天の猛暑だったのに、週末は一転、台風からの大雨 その中を外出しなくてなりませんでした。 前触れ一切なくそれは突然起こりました。 とある施設のロビーを歩いていると、右足に突然の違和感が走りました。 スコーンと一瞬、足が軽くなったかと思…

続きを読む

自分を見失う

その日は突然やって来た 8年と数カ月使用していた携帯電話(ガラケー)が調子を崩してしまった。 8年前、携帯電話がとても高価だと感じた為に、丁寧に大事に大事に慎重に 使ってきた為、とても8年超えの品物には見えないと人は言います。 しかし、3年前には、電池の在庫がなく生産していないと言われ、 1年前くらいから、「あれ?今、携帯おかしかった?」と錯覚だったのか…

続きを読む

防災訓練

あの大震災から5年が経ちました。 我が家では私だけは未だ防災意識は薄れていいないつもりではいます。 1月の大雪のせいで二日間断水しているうちに、飲料水を使ってしまったので 2リットルのペットボトルを24本買っておきました。 我が家には井戸があるけれど、電動モーターでくみ上げる為、停電や冬場は 水道管が凍結してしまうと物にならないのです。 (今回の大雪も水道の蛇口付近が凍って使…

続きを読む

そのうち同姓同名

地元新聞の小さなコーナーに「1歳おめでとう」と言った感じの記事があります。 1歳になった赤ちゃんの写真と名前と、投稿者(主に親や祖父母)の名前が掲載されています。 先日、何気なく見てみると、うちの愛猫と同じ名前の男の子が掲載されていました。 もちろん人間の子供なので、名字があって名前も漢字表記。 ペットの名を想わせる字ではありません。 今週、知人が出産の内祝…

続きを読む

猫の受難の日々

漱石先生。 私も猫でございます。 この家に突然子どもがやってきた夏。 最近、分かった事ですが、子どもは子どもを呼ぶのです。 この家にやって来た子供が、隣の家のキャンキャン喚く小型犬の飼い主の子と仲良くなって、 その子の連れまでが家に押しかけてきて、私はこうやって外で寝ているのでございますニャー。 この家の子供が、おチビ犬の家の若奥さんやら、若旦那さんに川やプー…

続きを読む

終戦日

年ごとに憂いの増せり終戦日  末摘花心の俳句   子どもの頃、戦争体験の話や展示を見るのはただただ恐ろしい事だった。 年を重ねて行くうちに自分の身に起こる被害だけを恐ろしがるだけではなく、 命を落とした方々や、その周りの人々の悲しみを知る様になった・・・。 そして、今、日本は戦争をしていないのに、何故だか年ごとに憂いが増してくる心地。 戦…

続きを読む

旧暦七夕

「乙姫は竜宮城だよ」天の川   末摘花こころの俳句   田舎の七夕は8月7日。 姪っ子もいることなので、数日前よりコツコツと作っていた七夕飾りを飾る事に。 飾っている途中、ふと思って、 「天の川で会うのは彦星と誰でしょう?」と姪に問ふてみた。 すると、 「乙姫!」と答える。 「違います~ぅ」と…

続きを読む

お仕置き!?

天罰が下るのを初めて目撃しました (軽いお仕置きかな~) 満車のコンビニの駐車場から一台が出るのを待っていると、いきなり、車高の低いオレンジ色の車が正面に現れ、私が待っていた駐車場に滑り込みました。 しかも、車に乗っている男共ったら、私を見てニヤニヤ笑っていてる。(人に指をさすな!) 何たる無礼な

続きを読む

猫語ができたところで・・・。

猫の隣でテレビを見ていると興味深いシーンがあった。 人間の言葉(日本語)を猫の言葉に翻訳するアプリを使ってヤマネコに伝え、ヤマネコの言葉を 猫語翻訳機なる玩具で翻訳するというもの。 「面白いことが出来るんだなぁ・・・。」と思い、日本語を猫語になおした音声を聞いていると、 隣で寝ていた我が家の猫様が飛び起きた。 飛び起きて、耳を低くして警戒態勢をとっている。   猫も人と…

続きを読む

癪にさわっちゃうわねぇ

癪にさわるもの・・・。 固定電話にかかってくるセールスの電話。 全てが癪に障るわけではないけれど、こちらの事情など意に関せず、ひたすらセールし続けて、 こちらが黙っていると、「聞いてますか?」などと尋ねてくる。 「セールスではありません。お知らせです」と言いつつも、言ってるのはセールスと同じ事なのに、相槌も入る隙もないほどに、一方的に話し続けているの。 元気が大事と言うけれど、…

続きを読む

大は小を兼ねるかい?

昭和時代から私を助けてくれていた本棚が引退することになりました。 昭和の終わり頃に我が家に来た本棚は、地元の家具店から両親が買ってきてくれたもので、 私が部屋を貰ってしばらくしてから、家具屋さんが持ってきてくれました。 小学生の私にはまだ持て余すくらい大きな本棚でした。 しかし、もう地元には家具店などはありません。 今流行りの北欧家具店にしようか、大手の家具量販店に…

続きを読む

シクラメン

窓辺にて検査待つ身シクラメン  末摘花、病院での俳句 年の瀬も押し迫ってから、インフルエンザの予防接種と健診に行って参りました。 薄着になるのが辛いこの時期に受けなくても、1年近く猶予があったのだから、暖かい時期に済ませればよかったのに、延ばし延ばしにしてしまったのは、少しでも痩せた体で受けたい乙女心というものです。 何が「乙女心…

続きを読む

期日前投票

宮崎では12月、立て続けに選挙が行われます。 14日の衆議院選挙、21日の県知事選挙。 日曜日は副業で忙しい感じになる予定なので期日前投票をしてきました。 (なんと、今なら21日の県知事選まで一緒に投票できちゃうのだ~) 自民党の受け皿となるべき選択肢がないと言われておりますが、私の選挙区もそう言った感じで、共産党の候補者と自民党の候補者の一騎打ち。 …

続きを読む

『熔ける』 (井川意高著・双葉社)を読んで

人の成功談、ハッピーライフ本には全く惹かれないけれど、破滅した人、失敗した人の話は何より興味を惹かれます。 昔、ちょっと齧ってみた、中世イタリアの思想家マキャヴェリの本に 『天国へ行くのに最も有効な方法は、地獄へ行く道を熟知することである』とあったのが未だに 私の心にあるからです。 仕事でも何でも、他人の成功談は殆ど参考にいたしません。 単に、コノヤローと苛立つ器の小ささもあるけれ…

続きを読む

花卉市場へ行く

デフレ脱却とは言うけれど・・・。 何となく品物は高くなったような、8%になった消費税を加味すればそうでもないような気がする田舎住まいの私。 しかし、この秋の花の価格の大暴落は見過ごすことが出来ませぬ 私の花が安いのならば、致し方が無いことかもしれませんが、父の栽培する花、父の仲間の周辺から漏れてくる嘆きの声の多い事。 福岡かから来る業者までもが、福岡の市場…

続きを読む

猫と女と鈴虫

母が鈴虫を飼い始めた・・・ 私はいかなる虫にも原則、厳しい態度で臨んでいます。 益虫・害虫、在来種・外来種に関わらず虫がどうしても愛せない。 そこに母が鈴虫を家に入れこんだのです。     鈴虫を大量に飼っていた10年前。 大音量の虫の声のせいで眠れず、夜の間だけ母が大事にしている虫籠を外に出しておりました。 ところが不注意から、取り込むのを忘れ炎…

続きを読む

子供のクリスマスプレゼント

子供の頃は欲しいものが具体的だったなぁ~ 「●●の玩具」と言うように、欲しい物をズバリおねだりしていたっけ。 小学2年生の姪っ子も、こんな時だけは、驚くべきリサーチ力とプレゼンで 1万円近いゲームをじーじ&ばーばにおねだりしてゲット。 私の欲しいものも具体的なのですが、なかなかサンタは届けてくれません。 (私が欲しいのはズバリ7億円なんですけどね・・・。…

続きを読む

「花は銭銭~」と思って・・・

朝ドラ「あまちゃん」で海女さんが替え歌で歌っていた「いつでも夢を」を口ずさむ日々 確か「ウニは銭銭~ウニは銭」だったような。 そして今の私は「花は銭銭~ 花は銭~」で歌っています。 11月に入って我が家は花の出荷の最盛期。稼ぎ時。 この稼ぎ時にお祭りが週末ごとに開催されているので、パートさん達も「○○クラブ」やら、…

続きを読む

「母と息子 3000日の介護記録」

勤労感謝の日の夜、NHKスペシャルで我が家と全く同じ光景を見ました 元NHKデレクターの相田さん(77)ご夫婦が、母親の介護に奮闘する3000日間の ありのままの介護記録。 見る人によっては衝撃的で、介護者への嫌悪感も出たかもしれません。 介護することの厳しさを感じた人もいるかもしれません。 でも私には同じ道を通り同じ景色を見たと感じるドキュメンタリーで…

続きを読む

過去ログ

QRコード