我が家の桜

今年の桜は早かった・・・。 お彼岸の頃には桜が咲き始めてしまったのだから。 我が家には何種類かの桜がある。 母がよその家にある桜を見ては欲しくなり、毎年2月の人吉の植木市で購入しては庭に植えている。 我が家の庭はそれほど広くはない。 広くはない庭に、母が欲しくなった木々が次々と植えこまれている。 まだ春早い時期に割く三椏は低い樹木ではあるものの。十分に庭の通行を妨げるほどあち…

続きを読む

3年目の蝋梅

我が家に来て3年目の蝋梅(ろうばい)。 昨年の夏、水害に見舞われた熊本県人吉市から我が家にやって来た。 「蝋梅はすぐ大きくなるから、適当な大きさになったら芯を止めた方がよかよ」と、 蝋梅を選んでいる時に、傍にいたご婦人が教えてくれた。 我が家に来た時は、すでに蝋梅の花の見ごろは過ぎていて、か弱い花が2輪枝に残っている状態。 あれから3年。 当初、50cmほどの苗木は、とっ…

続きを読む

猫の襟足

猫の襟足が愛おしい。 猫の一番美しい所じゃないかと個人的には思っている。 猫の後姿を眺めるにつけ、首元から肩甲骨に繋がる曲線が「クゥ~ッ」と来るのだ。 胴に対する首回りの太さもたまらない。 絶妙なバランス。 猫の美しい佇まいの大事な部分を担っていると思っている。 首周りの毛も愛おしい。 冬は首輪が隠れてしまうほどもさっとしているのに、梅雨入り前にはすっきりした襟足に。 猫…

続きを読む

真綿で首が締まった・・・

確定申告を前に、父が帳簿の整理をしている。 私の副業は父の花と一緒に出荷してもらっているので、父の収入という事で申告しているのだが・・・。 市場の売り上げ伝票を改めて見られるこの時期は、己の失敗を再確認することにもなる。 昨シーズン春の出荷時に私は綿花を栽培した。 数年前に訪問したお宅に、堂々とした壺に綿花が投げ込みで飾られている姿に惚れてしまった。 綿花の実がつく姿を目の当た…

続きを読む

ピンクが主流なのかい?

高校駅伝をなんとなく見ていた。 ここ数年、私の母校は出場の機会がないので、ぼんやりと見ていた。 ぼんやりと見ていると、なんだか目に違和感を感じた。 その違和感は選手の足元にあった。 足元の圧倒的なピンクのシューズ。 圧倒的なピンク率の高さ。男子選手の足元がピンクで華やかだ。 こんなに華やかな足元はなかなか見られない。 同じ学校で揃えているならまだしも、全国各地から集まった高…

続きを読む

働けども・・・くぅ~ッ ~私の副業2019秋~

物事には時期がある。 今秋のパンジー栽培で悟った私。 昨年、思わぬ高値推移で、「なぜにこんなに高くパンジーが売れまくるのだろう」と不思議にもいつつも、 この高値がいつまでも続けと期待しまくった私。 そうはいかないのが世の常と浮かんでは来るものの、もしかしたらと思い、今年は1.5倍に規模を拡大した。 (2倍にしないところが私の思い切りの…

続きを読む

ふうせんかずら

今年の夏は「ふうせんかずら」を楽しんでいる。 「楽しんでいる」は負け惜しみで、実はこの春に大赤字を出してしまった売れ残りなのだ。 私にとっては愛らしいハートのような風船がたくさん緑のカーテンにあるのはとても素敵だと思った。 昨年は少し種を買ってきて自分だけで楽しんでいると、近所の人が 「可愛いね~。種ができたら頂戴」とか、小学生の女の子たち…

続きを読む

気になって仕方がない

昨年秋に山林の杉を売りました。 10年前には、木を伐採してもお金にならないなんて言っていましたが、ここ数年は木材価格が上昇気味とあって、父が若いころに植林した杉を売りました。 (本当は土地ごと買ってほしいものですが、今や山など欲しがられないご時世) 伐採の後には植林をしなくてはならないけれど、父はここに白樺の森とドングリの森を作るつもりらしい{%顔文字驚き…

続きを読む

まもなく平成も・・・。

連休の初め大河平ツツジが見頃でした。 標高600mの祖父母がかつて住んでいた山の集落。 昭和62年に祖父母は山を下りて、麓で生活を始めました 大河平つつじは、大河平領主の大河平左近監隆俊という人が、 島津義弘公の邸宅を造った時、霧島山中より映山紅(キリシマツツジ)の 見事な物だけを集めて庭木にしたものだそうです。 今か…

続きを読む

宮崎SALKO

平成の終わり・・・。 ついに、ついに、ウォーキングアプリ「宮崎SALKO」で、賞品当選を果たしました アプリを使い始めて3年目。 いつか金券に当たりたい! 国富町かどこかの蕎麦を貰ったことはあるけれど、蕎麦を食べない私は いつかQUOカードをこの手に!!と夢見てやってまいりました。 そして、ついに1000円のQUOカードを頂戴いたしました{%表情ニコニコ…

続きを読む

昭和の消えた仕事図鑑

久しぶりに図書館へ行ってみました。    長らく育てている多肉植物の名前を調べるために、図鑑を借りようと思い立ちました。 本など借りずとも、ネットで調べれば済むのですが、どうしても裏がとりにくいのがネット検索。 より確かさを求めていくと、責任の所在が分かる紙媒体と言うことになってしまいます。 多肉植物の本だけを借りて帰るのも物足りないので、 面白い本がないかと館内を物…

続きを読む

ダスティーミラー 

心願成就。 今年、ダスティーミラーの栽培を始めることになりました 隣の農家さんのハウスの一角で、数は多くないけれど毎年ように栽培されています。 白くて、雪の結晶のような形をいていたので、気になってしょうがなかった私。 かれこれ、3年ばかりハウスを覗いては、 「あれはなんという葉っぱなのだろうか・・・」と、ハウスに張られた金網越しに、いつか主に 聞いてみよ…

続きを読む

丸く収まる ~私の副業2018秋~

パンジーと並行して栽培しているビオラ。 ここ数年のビオラの市場価格は下がる傾向が続いているため、今年は栽培するか否か 考えたけれど、花の付きがよいことでお手入れがパンジーより少ないとのことで、 一定量のニーズがあるために今年も栽培することにしました。 それでも、例年のことだからあまり競り値は期待ぜず、 お得意様に販売できれば良いなと思っておりました。 お盆過ぎ…

続きを読む

自分の好みは引っ込める・・・私の副業2018秋

やはり今年もパンジーを栽培することにしました。 8月のお盆休み。 9月の残暑の中、右頬にシミまで作ってパンジーの苗を植えこみました 全ては金の為! 金の種を植えたのですっ!!(こう書くとえげつない・・・) (植えた後は平日は父に管理を委託・・・後で人件費が請求されそうな予感) 私の好みとしては、淡い色、薄い色、可愛い…

続きを読む

お盆、奔走

終戦日 未明の嵐海へ去る  末摘花こころの俳句 お盆の最中、今年何個目かの台風が上陸の恐れがあるということで、 台風対策に奔走しました。 我が家は父が花卉栽培をしていて、今、秋冬の花の小さな苗を植えこんだばかり。 標高の高さを利用して、夏だけ山で栽培するプリムラの入るハウスを 強風から守らねばなりません。 中心が通ると思い、ハウスが倒壊しない…

続きを読む

猫も食通?

食の好みは猫にもあるらしい。 愛猫に液状の「ちゅるちゅる」としたおやつを与えていて感じた事。 ワクチン注射に病院にかかった日、爪切りを頑張った日、シャンプーやノミ・ダニの駆除薬を投与した日など、 猫嬢が嫌うことをやり遂げた時のご褒美として与えていたけれど、 いつしかそのルールはなし崩し的に壊れ、 何も頑張らなくても家人の気まぐれから食べさせるようになってしまった・・・{%がっかり(…

続きを読む

美女現る!

酷暑の3連休、我が家に美女がやってきました 我が家のリフォームもいよいよ終盤。 殺人的な暑さの中、電気関係の業者に天井裏やら屋根裏に入って 作業をしてもらうのが申し訳なくもあり、体調を気にする場面も幾度もあり、 どうしてこんな暑い時期にかかるように工事を頼んでしまったのかと 反省しきりの最中、美女が滋賀県からやってきました。 美女は私が小学…

続きを読む

久々の動物病院

オオデマリが咲くころから、日中は夏の陽気になる。 今年もオオデマリが咲きました。 三椏や沈丁花に始まる春の花たちが、いよいよ夏の花にバトンを渡すような気持ちで 毎年見ています。 それにしても、1年の流れの早いこと・・・ あっという間に夏が来て、あっという間に年の暮れ・・・。そんな1年になりそうな予感さえします。 今年も夏を思わせる陽気が数日続…

続きを読む

花(鼻)が気になる

桜ってイチイチ、ドラマチックねぇ・・・。 華やかで、儚くて、初々しくて、可憐でミステリアスで・・・。 見ている者の心理状態が投影されるのかもしれないし、人間が桜に対して特別扱いがあるせいか、 桜は人の気持ちを揺さぶる花に思えてなりません。 高校の最寄り駅の近くに、妖艶な花をつける桜がありました。 病院の一角に植えられていた桜は、通りにまで枝を伸ばし、夏の雲のような勢いで花を…

続きを読む

お恥ずかしながら・・・

間違ってはいないのだろうけど、言われた方は少しモヤッとする言葉をかけられました。 歯医者に定期メンテナンスに行きました。 新しく採用された女性がケアをしてくれることになり、歯の点検をしつつ、 「歯石がありますね。取ったほうがいいと思います」と、言うので、 もともと、そうするつもりだったので、施術をしてもらうことにしました。 すると、また口を覗いて、 「歯石がたくさんついて…

続きを読む

2018年始動!

猫に来る賀状の犬や飼い主似 末摘花こころの俳句 あけましておめでとうございます 秋より、様々なことがありお休みしておりましたが、環境が整いまして、再開することとなりました。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 (もったいつけて書いているけれど、単にPCとカメラがそろわなかっただけですけど・・・) 元日はとて…

続きを読む

冬瓜

冬の瓜と書いて「とうがん」。 しかし、旬は夏。 トウガンの花は一見すると、ヘチマの花に似ています。 瓜系の花はだいたい似たような花が咲くけれど、花の大きさは実の大きさに比例するのか、キュウリやメロンといった瓜系とは一線を画するという感じ。 春に冬瓜の苗の注文が父のもとに来ました。 まだ春浅い時期だったのか、なかなか発芽しない 初夏の陽気が…

続きを読む

季節は進むが・・・

駆け抜けるスピーカーの声天高し 末摘花こころの俳句 市議会選&市長選挙が終わり静かな日常となりました。 選挙カーと遭遇するとなんだか気まずいので、それを理由に一週間、ウォーキングを休んでいました。 このままいけば、おそらくズルズルとサボり癖が付きそうになるのをこらえて、再び歩き始めました。 一週間、歩かなかったいつものウォーキングコースは…

続きを読む

梅雨晴れ

梅雨晴れにムクゲの花の勢いもよいです。 梅雨入りから雨が降らず、水の心配をしていたけれど、 いざ雨が降り出して、5日もすると、「この雨いつまで続くんでしょうか~」って気分になるのは 人間の勝手ですね。 そして、今度は「この暑さいつまで続くんでしょうか?」とテレビでは早くもうんざりモードの発言が ありますが、まだ夏は序の口です。 9月まで猛烈に暑いでしょう・・・。 …

続きを読む

ジャガイモの収穫

3月から4月にかけてジャガイモを植えてみました。 九州では2月中頃から植えるようですが、我が家は種芋をもらったのが3月。 「いつか植えよう」と、そのまま放置していたので3月下旬から4月にかけてに植え付けとなりました。 今更ながらですが、梅雨の前に収穫するくらいでないと、長雨で傷んでしまうとか。 そのためには3月の半ばまでに植えておくのが一般的だったそうです。 なんでも後回し…

続きを読む

腫れ物に触る

まだ小さくて何も害がないと分かっていたので、経過観察にしていた耳の後ろのしこり。 健康診断で、「これはよくあるものですよ。気になるんだったら皮膚科の先生に診てもらって」と、 内科の医師が軽く言うので、 「な~んだ急ぐことでもないものなんだ・・・。」 「気になるといえば気になるが、何でもないなら気にしないようにしよう」 「切ったり、はったりするの怖いし」と、自分の都合のいいように …

続きを読む

春菊の花

この冬、沢山食べた春菊に花が咲きました。 暖かくなりすぎて、数日菜園を見ていない間に薹が立ち、蕾が出来ていました。 春菊の花を見たのは初めてですが、なかなか可愛いらしい花。 「春菊」というだけあって、菊のような花です。 花言葉は「とっておき」 先週から、パクチーや大長茄子、栗系のかぼちゃの苗を出荷し始めました。

続きを読む

針地獄

売るほどあったチューリップの一部を庭に植え、今が見ごろとなりました 見頃となったチューリップを背景に猫嬢を撮影しようとカメラを持ち出すと、 猫嬢はとたんにそっぽを向いたり、目を閉じてみたり・・・。 なかなか人の思うようにはなってくれない猫嬢。 近付けば不機嫌になり猫パンチでカメラを攻撃するので、遠くから狙…

続きを読む

猫と沈丁花

沈丁花の花影にニャンの姿が・・・。 今年は桜が遅いけれど、私にとっての春の実感は沈丁花から。 まだ、桜の蕾が固くても、冷たい北風に乗って沈丁花の香りがしたら春が来たと嬉しくなります。 三椏の花も沈丁花と同じ仲間で、これも春を感じさせてくれる花です。 我が家には増えた三椏にミツバチなどが集まって来ると春を一層感じさせてくれます。 三椏の花影…

続きを読む

旅する猫

2月、妹家族が長野県に引っ越しとなった。 福岡から東京、そして長野。 同じところに居る身には転勤のある仕事は羨ましくもあるけれど、引っ越しするほうはそれは大変なイベントだ。 妹の所に居る黒猫は何度めの引っ越しだろうか・・・。 ひと昔前、妹たちが愛媛県の松山に住んでいたころ、拾われて飼い猫になった。 そこから事情があり宮崎に身を寄せることとなり、そして福岡へ移住。 数年住んだ後…

続きを読む

過去ログ

QRコード