ふうせんかずら

今年の夏は「ふうせんかずら」を楽しんでいる。 「楽しんでいる」は負け惜しみで、実はこの春に大赤字を出してしまった売れ残りなのだ。 私にとっては愛らしいハートのような風船がたくさん緑のカーテンにあるのはとても素敵だと思った。 昨年は少し種を買ってきて自分だけで楽しんでいると、近所の人が 「可愛いね~。種ができたら頂戴」とか、小学生の女の子たち…

続きを読む

愛しきカビよ・・・

この夏も姪の自由研究を共に見守った。 今年のテーマは「カビ」。 正直言って、やってほしくないテーマの1つであった 姪が自室に放置していたペットボトル入りのお茶にカビが生えていたことがきっかけだという。 「お茶は早いんじゃないかと思うのよ」と平然と言う。 そもそも、自室にペットボトルをカビが生まれるまで放置することがない私。 そういう不精はしない…

続きを読む

鯛のお頭

月に2度くらいのペースで酒造メーカが県内の美味しい農産物、海産物を地元紙の広告欄で紹介している 紹介された特産品は抽選で数人にプレゼントされるというのだから、応募しないわけにはゆかぬ 地元紙と言えどもライバルが多いようで、何回もチャレンジしてたけれどなかなか当たらない (狙っているのが…

続きを読む

白樺の植林

昨年、杉を切り出した山に白樺を植林しました。 白樺は一昨年、北海道に住む叔父が種を送ってくれたものです。 夏の間に種を蒔き、冬を越した2年目の白樺。 暑さ厳しい九州の地で白樺が育つかどうかはまだ分かりません。 もしかしたら、白樺特有の白い幹にはならないんじゃないか? なんていう事もささやかれていますが、父は先祖代々から受け継いだ、山の斜面を 白樺の…

続きを読む

気になって仕方がない

昨年秋に山林の杉を売りました。 10年前には、木を伐採してもお金にならないなんて言っていましたが、ここ数年は木材価格が上昇気味とあって、父が若いころに植林した杉を売りました。 (本当は土地ごと買ってほしいものですが、今や山など欲しがられないご時世) 伐採の後には植林をしなくてはならないけれど、父はここに白樺の森とドングリの森を作るつもりらしい{%顔文字驚き…

続きを読む

食べ物で平成を思う・・・。

「平成最後の日に食べたいもの」なんていう、アンケートの記事に目が留まりました。 最近、「これが食べたい!」と思うものが浮かばず、食事に苦慮している私。 今日の食事の参考にと思い、記事を読んでみました。 1位はお寿司 2位 焼肉 3位 和食 「和食」ってまたアバウトな・・・。懐石料理のことなのか、日常の食卓に上がる煮物とかなのか・・・? 「平成最後」とあって、普通の食…

続きを読む

まもなく平成も・・・。

連休の初め大河平ツツジが見頃でした。 標高600mの祖父母がかつて住んでいた山の集落。 昭和62年に祖父母は山を下りて、麓で生活を始めました 大河平つつじは、大河平領主の大河平左近監隆俊という人が、 島津義弘公の邸宅を造った時、霧島山中より映山紅(キリシマツツジ)の 見事な物だけを集めて庭木にしたものだそうです。 今か…

続きを読む