旅に出るまで

年を取ってしまったせいか、つまらぬことに対してのみ完全主義のせいなのか、
近年、我が家では旅に出るまでが大騒動。


私のように、「日本であれば、現金3千円となにがしかのカードが1枚あればなんとかなる」と、
申し込んだ旅行であれば、とりあえず財布に2~3千円だけ入れて、
現地まで飛んでいけば、あとは足りなくなれば、どこかしらにATMがあるしクレジットカードも使えるし。
と思えればよいけれど・・・。
(とは言え、昔、大雪で帰宅困難になり、田舎のホテルに泊まろうにもカードが使えず、
財布には2千円で途方に暮れた事がある。でも、大概の観光地はなんとかなる)

大人は常識として2~3万円は財布に入れておいて、1万円はそっと財布のポケットに折りたたんでおいて、
非常時に備えるものだ。と言っている両親だから、そんな雑な状態で出発などはできない。


画像



宮崎県が日本のハワイだった頃・・・。
団塊世代か少し上の人々の新婚旅行のメッカと言えば宮崎だった。
(今や「メッカ」という表現もいささか古臭いような・・・
あの頃の映像がテレビで流れることがあるが、今と違って、上流階級かというくらい
みな新婚さんは正装しているように見える。
明治生まれの祖母と娘時代の母の旅行写真では、祖母は草津温泉に和装で出かけている。
祖母の和装はその草津温泉での写真か、葬式の遺影かというくらい貴重な姿。
最近は旅行するのも、いかにもお出かけと言うスタイルではなく、動きやすい靴に
動きやすい服。家にいるくらいラフな姿で出かけるのが主流になっているようだし


そんな時代になったから、旅行もだいぶしやすくなったはずなのに、両親ときたらあれこれ悩む。
行き先は黒部や白川郷を回るのだけど、出発前々日に旅行会社から、「現地はかなり寒いので
上着を必ず用意して下さい」と電話が来たのでますます悩む。
九州にいると、長野やら東北とか北海道はまだ春先のように想像してしまうようで・・・。
九州でも、この週末は20度くらいまでしか上がらず、「寒い寒い」と言いながら、暖房を使ってしまった。
20度で寒いと言っているんだから、山に行ったらもっと寒いに違いない。
ということで、衣装の見直しが始まった。
現地の天気や天気予報を見ると、20度前後の予報になっているからさあ大変!
おまけに、関東甲信越まで梅雨入りしたとニュースで聞けば、「梅雨寒かもしれない。」と
とっくにしまったジャケットを取り出してくる始末。
(社会人になってから通った新潟の学校で、真夏の新潟に冬物持参で
やって来た沖縄の青年がいたのを思い出した・・・。それと同じ境地の母なんだろう)

衣装に悩む母に対して、父は腹の心配をし始める。
いつもは気楽な友人たちとの旅行なので、トイレに行きたければすぐに寄れるけれど、
今回の友人たちとの旅は、ツアーに申し込んでの旅となるので、
外出するとトイレに行きたくなる性分の父は、正露丸はひと瓶で足りるかどうか気になる様子。
加えて、トイレは温水洗浄便座でなくてはならないのだ


気になりだせばどんどん深みにはまってゆき、ホテルのアメニティまで気になりだした。
今はどこのホテルにも、シャンプーやらタオルなどは備え付けられているけれど、
時々、ない所もあるんですね・・・。
旅行雑誌などに取り上げられて、いい感じに風呂が映っている宿に行ってみると、
部屋の水道はカラカラ言うだけで出ない。タオルは置いていない。
シャンプーもなんにもない・・・なんて言う所があるのも確か。
予約したのが仲間内での一番のケチさんなものだから、わりとそう言う宿を抑えるため、
タオルを持って行こうかどうか悩み始める両親。
仲間だけの旅ならば、コンビニとか全国どこにでも「しま●ら」があるだろうから、そういう
ことに寄ってもらえるが、今回はそうもいかないようで・・・。


仲間内で一番のケチさんが予約したツアーは当然、朝早い便の格安航空だったし・・・。
中部空港でツアーバス乗る為に集合するのだが、時間短縮の為に、手荷物で機内に持ち込む
という打ち合わせをされた為、荷造りもコンパクトさが求められる。
そもそも、なんでそんなに時間短縮せねばならないくらいキュウキュウな時間設定やねん!
両親がバスタオルを持っていくかどうか悩み始めたので、宿泊先を検索して
アメニティやら設備を調べてやった。

バスタオルやシャンプーの件は問題なく、ホテルに設けられていたのだが・・・・。
二日目の宿が温水洗浄便座でないことが明言されている文言をみつけたが、
父には内緒にしています・・・。

画像


でも、温水洗浄便座に拘るのも分かるのよね・・・。
家で使っていると、それがないところは回避したくなっちゃうのよね・・・。


画像


あたしもニャ~。
自由気ままに家を出て行くのが好きニャンだけど、やっぱり寝るんだったら家だにゃ~ん
オジサン達がいなうちに、ベッドに上がってやるニャン



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • HT

    おはようございます。
    お父様たち、此方の方へご旅行されるのですねぇ。梅雨入りはいましたが、良い?お天気になっています。寒いのも朝のうちだけで日中は気温が結構上がってきます。黒部の辺りは山の中ですから少し気温が低いかもしれませんが、土曜日黒部の北側の辺りに行きましたが汗ビッシリになってしまいました。あれやこれやと準備するのも楽しみの一つです。私なんかもどこかへいくとあれもこれもと持って行きます。子供たち観ていると凄く少なくて…。
    良いご良好されてくるといいですよね。きっと沢山のお土産を持って帰られますよ。
    2016年06月06日 10:42
  • 末摘花

    HTさんへ

    父は黒部に行ったことがないので、今回の旅行はとても楽しみでした。
    九州に住んでいると、他の地域は寒いと思いこんでしまうんですよね。確かに旅行準備は楽しいですよね。
    明日は上高地の方に行く予定のようです。高いカメラを持っている割に「撮るべき写真がない」と言いつつ使わない父ですが、今回は絶対にとるべき物が目白押しだと思います。
    HTさんのような澄んだ空気の写真が取れると良いんですけどね…。
    2016年06月06日 22:25

この記事へのトラックバック

過去ログ

QRコード